安田尚憲(履正社)のドラフト進路は阪神?清宮は?評価も調査!

安田尚憲・阪神
次回の2017年のドラフトについて阪神は動き出しています。

阪神の1位指名は誰になるのか。

さまざまなメディアで予想されていますが、中でも有力視されているのが履正社の安田尚憲選手です。

2017年ドラフトは高校生の逸材が多く、各球団とも高校生を上位指名してくることは必至。
安田選手もその一人というわけです。

そこで今回はその安田選手にスポットライトを当て、ドラフトでは阪神が指名するのかどうか、あの清宮幸太郎選手とくらべてどうなのか、安田選手の評価はどうなのか。

そのあたりを調査してみました。

スポンサーリンク

阪神が安田尚憲(履正社)をドラフト1位指名?清宮次第?

阪神フロントは、2017年ドラフトで履正社高校の安田尚憲選手を上位指名したいと考えているようです。

新年早々、今年からチーフとなった阪神・畠山スカウトが、履正社の練習始めを見学したというニュースが伝えられています。
これはもちろん、安田選手の動向をうかがうため。
畑山チーフスカウトは

「まだまだ成長するだろうし、どう成長していくか。もちろん打撃が中心の選手なのは間違いないので、それ以外の部分でどこまで成長があるのか、しっかりチェックしていきたい」

と、安田選手の成長を楽しみにしているようでしたね。

が、その一方で、阪神の本命は早実の清宮幸太郎選手だと言われています。

清宮幸太郎は阪神ファン?最新のホームラン数は?ドラフト進路や弟も 

清宮選手は、言わずと知れた2017年ドラフトの超目玉。

12球団中、いくつの球団が競合してくるか想像もつかない逸材です。

清宮選手本人は、大阪出身のお父さんの克幸さんの影響もあり、子どものころから阪神ファンだということです。
これに対して阪神は、現在一塁手が定まらない苦しい状況。

しかも話題性抜群の和製スラッガーですから、喉から手がでるほど欲しい逸材でしょうね。

2015年に引退した関本賢太郎選手が付けていた背番号「3」は、大山選手がつけているので、実際に阪神に入団したら背番号はどうなるんでしょうね。

清宮選手はドラフト1位有力候補でありますが、動向はどうなっていくのかわからないところですから。

そう、つまり阪神が安田選手を指名するのは「清宮選手が大学進学を選択した場合」という条件が付いているようなのです。

それでも阪神は、安田選手を清宮選手より低く評価しているということでもないみたい。

畑山チーフスカウトは安田選手に関して

「清宮という存在を感じて刺激しあってくれたら。2人ともしっかり見ていきたい」

と、両者を徹底的にマークしていくことを明言しています。

ドラフトでは他球団もからんでくることが間違いない2人ですから、競合も確実です。

阪神はいったいどちらの選手を指名してくるのか、非常に興味あるところ。

それは夏までの両選手の活躍にかかっているのかもしれませんね。

安田尚憲(履正社)の評価は?

清宮選手と比べて、安田選手はどれほどの選手なのでしょうか。

安田選手は大阪市吹田市出身。

小学校6年のときに、選抜選手しか入れない阪神タイガースジュニアチームに入り、中学時代は元阪神の赤星憲広さんがオーナーを務めるレッドスターベースボールクラブに所属していました。

安田尚憲・阪神

この阪神タイガースジュニアチームはその世代の小学6年生のなかのエリートと呼ばれる集団のようなチームなわけです。
つまり、安田選手はその時代のエリートクラスだったということになりますね。

今もそうですが、きっと当時から将来プロ野球選手になれる器と言われていたんでしょう!

それに、昔から阪神と浅からぬ縁、というより“深すぎる縁”があったんですね。

履正社では1年秋から「5番・三塁」でレギュラー、2年からは堂々の「4番・三塁」を任されています。

これまでに高校通算45本塁打を記録している左のスラッガーなのです。

特に早実と対戦した2016年秋の神宮大会決勝では、4打数2安打1本塁打4打点と大爆発。

ライバル清宮選手を目の前にして、大いに燃えた試合となったようです。

一方の清宮選手はこれまで通算78本塁打ですから、その本塁打数では及びません。
でも、安田選手には「強肩」というもう一つの武器があります。

強肩強打、右投げ左打ちのスラッガーといえば、そうあの掛布雅之(現二軍監督)をも彷彿とさせる阪神スターの条件ですからね。

“掛布二世”が甲子園の三塁に定着すれば、こちらも大きな話題を集めることは間違いありません。

もしかしたら現在掛布二軍監督が付けている背番号「31」が、安田選手に譲られる、なんてことにもなるかもしれません。

それほど安田選手への評価は高いはずですし、大きな期待がかかっているはず。

ドラフトでは、阪神以外にも中日や巨人などが興味を示していると言われています。
なので単独指名は難しいかもしれません。

とにかく、2017年ドラフトまで阪神は悩みに悩むんでしょうね。

でも、「二兎を追う者一兎をも得ず」などという結果だけは勘弁してほしいものですよね。

スポンサーリンク

まとめ

という感じで履正社・安田尚憲選手について迫ってみました。

ドラフトは結果は金本監督が引くクジにかかっているわけですが、高山選手を見事1/2で当っていますのでその運に期待ですね。

金本監督は、就任して二回連続のドラフト1位指名は野手を選ばれているので、2017ドラフトも安田選手と清宮選手になっていきそうですね。
でも毎回サプライズだから、当日になるまでは何ともいえませんけどね(笑)

安田選手にしても清宮選手にしても「阪神以外なら入団しません」なんて、言ってくれたら最高なんですけどね。

まあ、そんな夢のような想像も膨らむほど安田選手、そして清宮選手の成長が楽しみです。

今年の夏の甲子園、決勝で「履正社対早実」なんて試合が実現したら、最高だな~

そんなわけで、安田尚憲選手の動向を要チェック!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 阪神ドラフト予想2017
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


阪神タイガース2018カレンダー

カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪