1. 島田海吏・阪神

    2017年ドラフトで阪神タイガースから4位指名を受けた島田海吏選手。 とにかく俊足がうりの選手で、走力だけを取れば即1軍でも通用すると言われいます。 そして守備範囲も広く、「赤星二世」として、首脳陣からの期待も非常に高い…

  2. 涌井秀章・阪神

    FA権行使が噂される千葉ロッテマリーンズの涌井秀章投手。 西武時代の2009年シーズンには16勝をあげ、沢村賞を獲得。 日本球界を代表するピッチャーへとなりました。 そんな涌井投手が2度目のFA権行使となれば、争奪…

  3. 熊谷敬宥・阪神

    2017年ドラフトで阪神タイガースから3位指名を受けた熊谷敬宥選手。 ショートの守備に定評がある選手で、守備だけなら即戦力とのこと。 もちろん守備だけでなく、足も速く、バッティング技術も高いようで、走攻守三拍子揃った…

  4. 高橋遥人・阪神

    2017年ドラフトで阪神タイガースから2位指名を受けた高橋遥人投手。 高橋投手といえば、4年前のドラフト会議で悔しい指名漏れとなった過去をもち、今回のドラフト指名は「素直に嬉しい」と嬉しさを噛み締めていました。 今回…

  5. 馬場皐輔・阪神

    2017年ドラフトで阪神タイガースから1位指名を受けた馬場皐輔投手。 阪神タイガースとソフトバンクの競合の末、阪神タイガースが交渉権を獲得しました。 外れ外れ1位となっているのですが、馬場投手の持っているポテンシャルは高…

  6. 野上亮磨・阪神

    西武の野上亮磨投手が国内FA取得したということで、阪神が獲得に動き出す方針のようですね。 2017シーズンの阪神は2位で貯金が17もできた要因としては中継ぎ投手陣の奮起です。 ただ、先発陣が手薄ということで、大きな補強ポ…

  7. 俊介

    2017年シーズンにFA権を取得した 俊介選手 プロ1年目から100試合を超える出場数を誇り、走攻守揃ったバッターで将来を期待されていました。 しかし、なかなかレギュラー選手として群を抜く活躍ができず、首脳陣からの…

  8. 阪神2018・補強候補

    2017年セ・リーグペナントリーグ2位でシーズンを終えた阪神タイガース。 貯金が17という好成績の要因は中継ぎ陣の活躍といっても過言じゃないでしょう! クライマックスシリーズは、ファーストステージでリーグ3位の横浜に負け…

  9. 阪神戦力外2017-2018

    2017シーズンの阪神は優勝争い出来たかといえば微妙な感じではありますが、 戦力外通告も同時にやってきます。 金本監督の構想をメインとしてチーム改革が進む阪神。 それまではベテランと外国人選手に頼った編成でなんとか…

  10. 阪神・逆転優勝

    2017年シーズンも終盤へ突入し、2位の位置につけ、逆転優勝の可能性を残している阪神タイガース。 2017年シーズン序盤から、首位の広島カープとセ・リーグ優勝を争っており、一時は最大ゲーム差10以上空けられていたのですが、終盤…

RETURN TOP

阪神タイガース2018カレンダー

カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪