阪神・岩貞の契約更改2017は?年俸大幅アップ?WBC出場の噂も

岩貞祐太・契約更改2017年俸
2016シーズン、まさに“覚醒”という表現がぴったりハマった岩貞祐太投手。

プロ3年目ですが、ようやくシーズンを通して活躍してくれました。

今シーズンに関しては見てて明らかに藤浪投手よりも安心して見れた感じあります。

ベテランの能見篤史投手に次ぐ頼れる先発サウスポーとして、急成長してくれましたね。
金本監督の評価もかなり高いみたいで、年俸も期待でき、2017年への期待もふくらみます。

そこで今回は、岩貞投手の2017年の契約更改、気になる年俸の額、そして2017年WBCへの出場の可能性についても迫っていきます~!

お楽しみくださ~い。

スポンサーリンク

阪神・岩貞の2016シーズンのおさらい

岩貞祐太・阪神
2013年ドラフト1位で横浜商科大学から入団した岩貞投手。

最高条件での入団でしたが、1年目は1勝4敗、2年目は1勝1敗と、球団とファンの期待にはあまり応えられませんでした。
しかし、そんな岩貞投手にとって大きな転機になったのが、2015年オフの台湾ウインターリーグ。

5試合に先発登板して2勝0敗、防御率0.53という好成績。しかもMVPにも輝いたんです。

彼にとって、これが大きな自信につながったのではないでしょうか。

3年目となる2016シーズンは、自身初登板となった4月のDeNA戦に7回無失点でシーズン初勝利(12奪三振)。次の広島戦も12奪三振、さらに次の中日戦でも10奪三振と、3試合連続2桁奪三振を達成する好投を見せて最高のスタートを切りました。

そうそう、4月に発生した熊本地震も、熊本出身の岩貞投手のモチベーションに大きく影響をおよぼしたでしょうね。
実家も大き気な被害を受けたとのことで、それが岩貞投手の気迫をさらに強いものに変えていったようです。

その後も巨人戦でプロ入り初完封を達成したり、9月にはセ・リーグ投手部門の月間MVPを獲得したりするなど、シーズン最終盤まで安定した活躍をしてくれましたね。

結果、10勝9敗、完封2、防御率2.90のキャリアハイの成績
先発組としては十分すぎる内容ですね。

ストレートにカットボール、カーブ、スライダー、チェンジアップなどの多彩な変化球で緩急をつける投球術を身に付けたようです。

昨年から一番変わったん投げっぷりの良さというか、腕の振りがストレートと変化球とほぼ変わらないところも大きな強みかなと。
その辺は入団当初から言われていたように能見投手と似ているのかなという思いますね。

少し四球の数が減ればさらに成績はアップするはずです。

オフの間に制球力を磨き、シーズン通して先発ローテを守り抜いてほしいですね!

阪神・岩貞の契約更改2017!年俸が大幅アップ?

岩貞投手は、契約金1億円、年俸1500万円で入団。

2016年は1600万円でしたが、2017年は5000万円くらいまでアップしてもおかしくないのかなと。

お給料がたった1年で3倍以上になるって、サラリーマンじゃ考えられないですからね。
こういうところがプロ野球選手の醍醐味ですね。

ちなみに、2016年の阪神で同じ年俸1600万円の選手は他に江越選手がいます。こちらも年俸アップは確実。
1500万円にはルーキーの高山俊選手もいて、やはり3倍増くらい期待できそうですね。

また、2016年の阪神で年俸5000万円クラスの選手は高橋聡文投手(5000万円)、大和選手(5300万円)くらい。このクラスの選手は案外少ないんですよね。

阪神の年俸は、もっとずっと高額の選手と、もしくは4000万円以下の選手とに二極化しているようです。

2017年、5000万円くらいで契約が更改されたら、岩貞投手はチームの中堅として、若手とベテラン勢をつなぐ接着剤的な役割を果たしていかなければいけませんね。
年俸がアップするということは、そのあたりの責任もついてくるということなんですね。

追記:岩貞投手が契約更改2017で年俸4000万円でサイン

スポンサーリンク

阪神・岩貞が覚醒でWBC2017出場?

岩貞祐太・WBC
さて、2017年3月には、いよいよワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開催されますね。

2016年11月に行われた侍ジャパン強化試合では、メキシコ代表、オランダ代表を相手にそれぞれ2試合対戦し、3勝1敗という成績。
どの試合も、投手陣はけっこう打ち込まれていた印象でしたね。

となると、2016年に覚醒した岩貞投手もWBC2017に選ばれる?

矢野コーチはシーズン途中に岩貞投手の侍ジャパン入りがあるかもっていってましたから最終メンバー選考でどうなっているかわかりませんよ?

何せ短期決戦なので、そのときにいい状態であれば十分にWBC2017の舞台に岩貞投手が投げてる姿が見れるかもしれませんね!

現在、侍ジャパンの左投手は、秋吉亮(ヤクルト)、西宮尚生(日ハム)、石田健大(DeNA)、岡田俊哉(中日)、田口麗斗(巨人)の5人。
こう見ると、2016シーズンの岩貞投手の内容からすると劣っているとも思えないメンバーですから、十分に割り込んでいけるはずですね。

オフからキャンプにかけて、小久保監督にうまくアピールできれば、来春のWBCのマウンドに岩貞投手が立っていることもあながち夢ではないかもです。
ちなみに現在の侍ジャパンには、阪神から藤浪晋太郎投手しか選出されていません。

過去には、投手では藤川球児、能見篤史、岩田稔が、野手では福留孝介、 鳥谷敬、西岡剛が選出された経験がありますが……。

岩貞投手もこの仲間に入りたいでしょうね。いや、入ってほしいですね、ファンとしては。

あの思い切った腕の振りで空振りを取る姿があまりにも印象的なので、国際試合を今経験してほしいってのはありますね!

2017年3月上旬には、金本阪神と侍ジャパンの強化試合が予定されているそうです。

岩貞投手がどちらのユニフォームでマウンドに立つか、今から楽しみですね。

まとめ

これまで、同期入団で同じ左投手の岩崎優投手に少し先んじられた感のあった岩貞投手。
2016年は大きく巻き返すことができた一年になりましたね

外れ1位じゃなく、外れ外れ1位から見事ここまで這い上がってくれてファンとしても嬉しいですね。

能見投手の後継者として、これからタイトルを量産していってほしいなと。

初の2桁勝利を大きな自信にして、左のエースとして2017年はさらに高みを目指して頑張ってほしいものです。

岩貞投手、期待してまっせ~!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


阪神タイガース イヤーブック2017

阪神2017のまとめ

baseball

カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪