鳥谷敬はプロテクト漏れ?オリックスに人的補償?キャプテン返上!

鳥谷敬・
2016年絶不調だった鳥谷敬選手の処遇に注目が集まっています。

阪神が糸井嘉男選手をFAで獲得したことに伴い、オリックスに対する人的補償が話題になっているからです。
阪神は28人までをプロテクト選手として囲い込むことができ、オリックスはそのプロテクトリストから漏れた選手を人的補償として獲得できます。

鳥谷選手をプロテクト漏れ?っていう声もあったりします。

今回はそんな鳥谷選手のプロテクトに関する情報、キャプテンは返上? そして来季の守備についても調べてみました。

スポンサーリンク

糸井の人的補償で鳥谷敬はプロテクト漏れする?

糸井選手獲得に伴う人的補償について、阪神の上層部はさまざまに議論しているみたいですね。
最大のポイントは「鳥谷選手をプロテクトする28選手に入れるかどうか」ということ。

年俸的にも、若手を希望しているオリックスなので、
鳥谷選手が仮にプロテクトから外れたとしても獲得にくるかといえば、微妙なので他の若手選手をプロテクトに入れるていう阪神側の考えてもあると思います。

オリックスの内野陣は、二塁は西野昌弘選手、遊撃は安達了一選手がレギュラー。
どちらも20代後半で脂が乗り切ったいい選手ですね。

それに、オリックスは三塁は中島宏之選手と小谷野栄一選手の併用。こちらは打撃が魅力のベテラン勢ですね。

そう考えると、オリックスの内野陣、けっこうバランスが取れていていいじゃないですか。

となると、鳥谷選手を獲得してもチームにいい影響があるとは思えませんね。

むしろ、糸井選手が抜けることで大きな穴が空く外野手、あるいは若手の左投手などのほうが必要なのではないでしょうか。

案外オリックスの本音としては、鳥谷選手をプロテクトすることで、外れた若手の有望選手がほしい、というところなのではないかと思いますね。
というわけで、阪神上層部では「鳥谷はプロテクトしなくても大丈夫」派と、「いやいや、功労者は絶対外すべきではない」派がかんかんがくがく。

と、ここに来て球団関係者の話として

「鳥谷を外すようなことはしません」

という結論に達したとの報道がありました。

まあ、鳥谷選手のプロテクトは誰にとっても納得のことだと思いますが、オリックスはいったい誰をとりにくるんでしょうかね?

鳥谷敬は2017キャプテン返上!

鳥谷敬・キャプテン
鳥谷選手のユニフォームの胸にずっと掲げられていた「C」のマークが、2017シーズンは外れることになります。

もう5年も阪神のキャプテンを務めてきた鳥谷選手ですが、2016年の大不振を受けて金本監督が
「そろそろ肩の荷を下ろして、自分のことに専念させてあげよう」
と語ったとのことです。

鳥谷選手といえば、真面目で修行僧のようなタイプでクールですからね。
いわゆる、背中を見せるタイプです。

自分のこと以上に、チームに対する責任感を感じていたでしょうね。

このへんでキャプテンを返上し、もう一度自分の足元を固めるいいチャンスかもしれませんね。

さて、20117年、新たに「C」マークを付けるのは福留孝介選手

こちらは大ベテランで、もちろんキャプテンにふさわしい人材ですね。

若手に対する指導力にも定評がありますしね。

でも福留選手は

「ぼくの表現からすると『預かる』。トリから一度預かる」

と、あくまで交代ではなく「預かり」ということを強調しています。

まずはキャプテンの重圧から解放された鳥谷選手が本来の力を取り戻すこと。

それができたら、2018年はまた鳥谷選手がキャプテンを務めるべきだという福留選手の考えなんですね。
鳥谷選手に対する福留選手の熱い思いを感じさせる話ですが、再来年は鳥谷選手ではなく、もっと若手にキャプテンを譲れるといいなと思いますね。
それくらい、若手が伸びてきてほしいですね。

スポンサーリンク

鳥谷敬の2017は二塁でレギュラー?それともベンチ?

2016年後半は、北條史也選手が遊撃のレギュラーとして活躍しました。

2017年も北條選手は、鳥谷選手に遊撃のポジションを譲る気はなく、このまま自分が守り続けたいと意気込みを語っています。

金本監督も今のところはそのつもりでしょうが、鳥谷選手だってレギュラー奪還を諦めてベンチを温めるにはまだ早いですよね。

来るべきキャンプでは、北條選手と鳥谷選手で遊撃レギュラーを真っ向から奪い返す気持ちはきっとあることでしょう。

高いレベルでのポジション争いになれば、他の選手にもいい影響が出るはずですからね。

北條選手が遊撃レギュラーを獲った場合、鳥谷選手は二塁に回ることも考えられます。

二塁候補は他に、上本博紀選手、大和選手、そしてルーキーの大山悠輔も加わってくることが考えられます。
もちろん西岡剛選手も有力候補ですが、ケガからの復帰に目途が立ちませんからね。

守備の上手さなら大和選手はダントツかもしれませんが、鳥谷選手が本来の打撃を取り戻したらやはりかなわないのではと思います。
鳥谷敬・北條史也
鳥谷-北條の二遊間というのはけっこう華がありますから、ファンとしては楽しみなシフトになるんじゃないですかね。

【壁掛】鳥谷敬(阪神タイガース) 2017年 カレンダー

まとめ

言うまでもなく、鳥谷選手は阪神にとって近年最大の功労者です。

しかし、実力が衰えてくるとどうしても厳しい立場に立たされるのは、プロ野球の世界では当然のことでもあります。

2017年は36歳になる鳥谷選手ですが、彼ほどストイックな性格なら肉体的にはまだまだ活躍できるはずです。

あとは気持ちがついてくるかどうかなんじゃないでしょうか。

今オフ、すべてをリセットして、再チャレンジしてほしいものですね。
2017年の大活躍を期待しているよ、鳥谷!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


阪神タイガース イヤーブック2017

阪神2017のまとめ

baseball

カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪