阪神2017の正捕手は?原口・梅野・坂本の評価や戦力分析を調査

阪神2017・捕手
阪神2017の正捕手は誰になるのか?

2017年に向けての補強が終わって、各ポジションある程度見えて来ていますが、捕手については頭1つ出ている選手がいないのが現実だといえます。

阪神の長年の課題である正捕手がなかなか固定されずにいますので、そろそろ矢野コーチ以来の絶対的捕手が出てきてほしいですね。

梅野選手のルーキーイヤーは「若手の正捕手きたー!」と思いきや終盤の大事な時期にはベンチに下がって2年目以降は失速。

2016シーズンは原口選手が「打てる捕手」として台頭しましたが、課題の守備面で後半は坂本選手にスタメンマスクを譲る形がケースが多く見られましたから。

金本阪神2年目の最大の課題は正捕手なわけですが、現在阪神の正捕手候補は原口選手、梅野選手、坂本選手の3選手に絞られましたね。

今回は、そんな正捕手候補の3人の評価や戦力分析について迫っていきます~!

スポンサーリンク

原口文仁の評価と戦力分析!

育成から見事な飛躍を果たした原口選手

原口選手選手のいうまでもなく打撃なわけです。

“打てる捕手”はそういるもんじゃありません。

しかも、長打力があって大振りがないので、好不調の波も少ないというのが魅力的です。

でも、捕手としてまず第一優先するべきポイントは「守り」の面。

特に矢野コーチからしてみればそういう面で評価が高いとはいえないのが現状ですね。

打てる捕手として歴代で有名なのが、野村克也さん、古田敦也さん、城島健司さん、そして現役の巨人の阿部選手ですが、みんな守備面が評価されての正捕手だったわけです。

確かに原口選手の打撃については、阪神の中でもレギュラーを獲れるだけの評価はありますが、最大の弱点である「肩」の部分が気がかりですね。

盗塁阻止率の面でも、他球団からがんがんに足で揺さぶられることが十分に考えられるわけなので、打撃以上に失点リスクが大きくなってきます。

あと、育成時代でも腰の故障などで一塁を守ることが多かったわけでプロとしての捕手歴が決して長いとはいえません。

不安視されるのは「肩」「腰」の状態です。現在代打の切り札の狩野選手も捕手から外野手に転向した理由は腰の故障だったし、城島健司さんが最終的に一塁に転向したのも膝や腰が原因です。

捕手としての腰や肩や膝などい故障を抱えているのは想像以上に深刻な問題なんでしょうね。

ただ、原口選手がベンチっていうのは阪神にとって勿体無いので、捕手になるのか一塁になるのかはっきりわかりませんが、少なくともシーズン通してスタメンに名を連ねる存在であってほしいですね。

本人は捕手としての気持ちが相当強いだけに、このキャンプからオープン戦でどれだけ捕手としての安定感をアピールできるかになってくるでしょう。

矢野コーチが優先するのは「守備面の安定」ですから。

阪神2016シーズンに最もブレイクした選手といえば原口文仁選手ですね。 育成選手から一気に駆け上がったわけですが、過去には椎間板ヘルニアになったりと色々苦労が多い選手だけ
2016シーズン、プロ入り7年目にして大ブレイクした原口文仁選手。 育成枠からスタートし、一気に一軍昇格、さらには月間MVP受賞、オールスター出場と、トントン拍子の大
今回は、阪神2017シーズンの「一塁は誰?」ってテーマに迫っていきます! 2017の補強が完了してこれから、スタメンなどが気になるところではありますが、各ポジションある程

梅野隆太郎の評価と戦力分析!

2016シーズン序盤に原口選手が飛躍したことで、誰よりも悔しかったのは梅野選手じゃないでしょうか?

梅野選手は打率は低いですが、大学全日本で4番を務めていただけに長打力があります。

つまり、打てる捕手よりなので原口選手が打撃で評価されて使われ続けていたことに何も思っていないわけがありません

評価的には、攻守のバランスが良いこと。

捕球と肩については原口選手よりも上だと思いますし、何よりもメンタルが強いところが捕手として心強いところかなと。

1年目に92試合も出場したことで、当然のように「若手の正捕手誕生!」という見方をされるわけですよね。

ただ、1年目の終盤は落とせない試合が続いていましたので鶴岡さんと藤井さんにスタメンマスクを譲るケースが増えたこと、そして2年目3年目の試合数の激減。

それが捕手としての評価だったんだと思います。

プロ1年目から正捕手として期待された梅野隆太郎選手 安芸の秋季キャンプでは2017年のシーズンに向けて正捕手の座を賭けた争いが激化していますが、現時点で一歩リードしている

とはいえ、梅野選手も2017年で4年目を迎える捕手。

この3年間は相当リード面でも強化されているはずなので、攻守ともにバランスが取れてるだけに正捕手候補として有力と言えるのではないでしょうか?

矢野コーチからは毎年きついコメントをされていますが、期待の現れでもあるので、過去最高のスタメン出場数を記録したいところですね。

スポンサーリンク

坂本誠志郎の評価と戦力分析!

完全に守り一本で勝負するのが2017年で2年目を迎える坂本選手。

まさか、1年目に28試合も出場するとは予想もしませんでした。

プロ初出場が初スタメンでしかも巨人戦ということで、超変革らしいですがあまりにも荷が重いといったとこでしょうか。

結果はどうであれ、収穫はベテランの能見投手とバッテリーを組んでいろんな学びがあったことは、いい経験になったはず。

ベテラン投手と1年目からスタメンでバッテリーを組ませるくらいなので、どれだけ期待されているのかはわかりますよね。

何か大きな武器があるわけではないという評価ですが、秋季キャンプでは強肩アピールができていますし、大学時代に定評だったインサイドワークがさらについてきたら、矢野コーチは金本監督に直々に坂本選手を推薦するんじゃないでしょうか。

あと、坂本選手は高校大学と大学日本代表でもキャプテンを務めているというとこで、そういうチームを将来引っ張っていけるような器でもあるわけです

捕手にそういうタイプがいるとチームとしては大きな戦力となりますので、インサイドワークは経験でしか身につかないものですが、打撃面の向上が見られたら十分に正捕手として長年活躍の期待ができる選手かなと思います。

原口選手とタイプは正反対になるのかと。

失点を防ぐ=得点

という考えでいくと、坂本選手の正捕手は十分にありですね。

2015年、ドラフト2位で阪神に入団した坂本誠志郎選手。 パワフルなバッティングで頭角を現した原口文仁選手に対し、堅実な守備力とリードセンスが評価され、2016シーズン後

阪神2017の正捕手は誰?

正捕手候補の3選手についてはまとめてみましたが、わかりやすくタイプが分かれるのが打撃の原口選手と守りの坂本選手です。

その間にいるのが梅野選手になります。

シーズンが始まって明らかにになることではありますが、結論的に正捕手の固定は2017年にできるような気はしません。

答えはシンプルで3人とも捕手としての絶対的な実績がないからです。

過去の矢野コーチや実績のある城島健司さんクラスのような実績まではいかなくとも、まず規定打席に到達に達して初めて正捕手といえるのかなと思いますから。

とはいえ、2016年で規定打席に到達した捕手は巨人の小林選手だけなので、この問題はどこの球団でも抱えている問題なわけです。

打撃がずば抜けてる原口選手が正捕手になるのか

攻守のバランスがとれている梅野選手が正捕手になるのか

守りの面で期待される坂本選手が正捕手になるのか

まずは誰かが100試合出場を果たしてほしいところです。

サプライズでルーキーの長坂選手が飛躍する可能性もなくはありませんからね。

誰かが2017年で正捕手というよりも、1番スタメンマスクを被った選手が次の年に差別化として見られるのかなと思います。

阪神タイガース2017カレンダー

まとめ

という感じで、阪神2017の正捕手候補について迫ってみました。

近年は藤井さんと鶴岡さんが、主に捕手を支えていましたが、ベテランとしての経験が全てだったと思われます。

今回紹介した捕手はみんな若いので、早い段階で正捕手が決まれば面白くなってきますね。

まぁ、正捕手となれば2番手の捕手よりも圧倒的なレベルの差が必要にもなってくるわけで当分阪神の正捕手については時間がかかるんじゃないでしょうか。

各投手との相性や、状態などで捕手は入れ替わりが多くなってくるんだろうなと。

でも、シーズン序盤のスタメンマスクはある程度固定されてる事例があるので、2017年もそうなっていくでしょうね。

原口?
梅野?
坂本?

個人的には、原口選手が一塁で捕手は梅野選手かな~

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 藤浪晋太郎・荒れ球
  2. 桑原謙太朗・阪神
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


阪神タイガースグッズ情報2017

阪神2017のまとめ

baseball

カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪