阪神2017のショートは誰?鳥谷敬が引退覚悟?北條と比較してみた

阪神2017・ショート
阪神のショート=鳥谷敬

というイメージは2016年でリセットされて、有力候補として挙がっているのが北條選手なわけですが、完全なレギュラーというわけでもありません。

北條選手のバッティングはショートとしては魅力的で、金本監督も15本塁打くらいいけるとうなコメントも残されていますが大事なポジションなだけに守備が不安視されていますね。

ゴールデングラブ賞を4回受賞している鳥谷選手も、2016シーズンは信じられないエラーをしたりと衰えを感じさせるようなプレーも見られましたが長いシーズンとして考えたら守備については鳥谷選手の方が断然な上かなと思うわけです

大和選手がダントツに上手いのは確かですが(笑)

でも、2017シーズンで誰がショートのレギュラーを掴むのかはある程度見えてくるのかなというのがあります。

そんなわけで、今回は阪神2017のショートは誰になる?というテーマで鳥谷選手の引退覚悟や北條選手との比較にも迫ってみました~!

スポンサーリンク

阪神2017のショート候補選手

2016シーズンスタメンのショートについたのは

鳥谷(100試合ショートでスタメン出場)
大和(2試合ショートでスタメン出場)
北條(41試合ショートでスタメン出場

の3選手。

2016年絶不調だった鳥谷敬選手の処遇に注目が集まっています。 阪神が糸井嘉男選手をFAで獲得したことに伴い、オリックスに対する人的補償が話題になっているからです。 阪
阪神の野手キャプテン・鳥谷敬選手! 2016年は複数年契約の2年目でしたが、期待されたほどの数字を残せず苦労した鳥谷選手でした。その原因として増えてしまったエラーが目に付
阪神で守備のスペシャリストといえば 大和選手です。 プロに入るまで外野はしたことがなかったにもかかわらず、中堅手でゴールデングラブ賞を受賞して再び内野手に戻っても大
阪神タイガースの2016シーズンは「超変革」のスローガンを掲げて、選手の育成時期ともあって4位という成績に終わりましたね。 でも、もっとも収穫だったのは北條史也選手の成長
今、阪神で何かと注目される野手といえば北條選手ですね。 2016年はプロ入り4年目にして一軍に定着。金本チルドレンの一人として、大きな成長を見せてくれました。

開幕から7月末付近まで鳥谷選手が毎年のようにスタメン出場を果たしていましたが、状態も良くなくて2試合大和選手に譲って、その後はほぼ北條選手がショートについていたわけです。

なので2017この3選手が有力候補にはなってきますが、ほかにも候補がいます。

植田海選手
板山祐太郎選手

の2選手。

植田海

植田選手についてはもともと守備には定評があって、U23日本代表でも存在感をアピールされていましたので守備面においては大和選手の次くらいに有力な感じはあります。

ただ、打撃面がまだまだなところがあるのでショートといえども率は残さないとレギュラーは難しいかなって感じですね。

植田海選手がU23日本代表に選出! っていうことで、いよいよ植田選手も芽が出始めましたね。 2014年ドラフト5位で阪神に入団して、2016シーズン最終戦で代走で一

板山祐太郎

あと、板山選手は外野手から内野手も併用するといった流れでになっていたわけで、二塁か三塁候補だったのがショートも本格的に挑戦するプランにもなっているんです。

板山選手は高校時代は二塁手だったのでそう違和感はないはずですが、何よりも打撃が上記の5選手のなかではずば抜けているので、「打てる遊撃手」として考えるなら最有力候補になるかなと。

2015年、ドラフト6位の板山祐太郎選手 2016年はルーキーとして40試合に出場はまずまずの評価だと思います。 走攻守の持ち主でパンチ力も魅力的ですね。 し

まとめると阪神2017のショート候補は

鳥谷➝2016シーズン以外についてはダントツの評価基準
大和➝守備に関しては天下一品
北條➝打撃に期待
植田➝守備と走塁が高評価
板山➝長打力はショート候補では№1

この5選手のなかででも現状北條選手が開幕スタメンに有力です。

ただ、ずば抜けた何かがあると考えた場合は打撃なら板山選手、守備なら大和選手か植田選手という見方も出来るわけですよね。

昨シーズンの実績的には北條選手なので開幕当初は北條選手がスタメンで出場して調子次第ですぐに入れ替わりという形になるんじゃないかと思います。

鳥谷選手も2016シーズンはあんな状態だったので、2017年ショート候補の選手が調子を落とした場合、誰であっても我慢はしてくれないということです。

世代交代で若手にショートをやらせるべきだという考えもありますが、鳥谷選手の完全復活を期待したいというのもあるので複雑ですね~

キャンプ終盤までこの争いから目が離せません~!

鳥谷敬がショート一本で勝負で引退覚悟?

2017年の構想で鳥谷選手の配置はどこになるのか?

いろんな情報が飛び交ってショートの鉄板は北條選手と言われており、鳥谷選手は二塁か三塁に配置されるんじゃないかって言われていました。

けど、三塁にはキャンベル選手がとりあえず使われる感じなのでじゃ「鳥谷選手は二塁手だ!」と思いましたが、

本人はショート一本勝負を公言しています。

もし2017シーズンにポジションを奪えなかったら

引退の覚悟もしてる

みたいなことも書かれているので、鳥谷選手にとってこれまでで最も勝負の年となることには間違いなさそうですね。

5年契約の3年目なのでよっぽどがない限りは引退はないと思いますが、、

ただ、2016年の成績だけでいうと2017年開幕から鳥谷選手がスタメンショートで使われる可能性は考え難いです

でも、北條選手も絶対的な地位を確率してるかといえばまだまだ期間が足りないわけですよね。

思い出してみれば鳥谷選手が入団したとき、藤本敦士さんからポジションを奪ったように、今回は鳥谷選手が同じ立場になっているんだなと。

かつてない屈強に立たされてはいますが、これだけ実績のある選手なので2016シーズンがたまたま悪かったのか、それとも完全に年齢的に衰えが来ているのか。

すべては結果でわかりますので、2017年開幕までに鳥谷選手の状態に注目していきたいなと思います~!

二塁にいって北條選手との二遊間コンビが理想的かなと~

スポンサーリンク

鳥谷敬と北條史也を比較!

ショートのポジション争いで常に比べられるのが鳥谷選手と北條選手ですね。

上の方で書いてある通り、他にもショート候補選手はいますがこの2選手がショートのポジション争いでこれからも話題になっていくことだと思います。

タイプが違うこの2人の比較をサクッとしてみました。

鳥谷敬の特徴

・選球眼が良い
・体が強い
・打球が広角に打てて逆方向(レフト方向)に長打がある
・12球団屈指の守備力で肩も強い(2015年までの評価)
・盗塁数には比例していないけど脚力は阪神の中でトップクラス
・感情を出さないが脅威のメンタル
・常に後輩に背中で引っ張る

北條史也の特徴

・足は遅くもなく早くもない
・打撃はパンチがあって淡白じゃない
・吸収力がいい
・持ってる感じがする

長年の実績でいうとやはり鳥谷選手の方が特徴が多いのは仕方がないですね(笑)実際に数多くのタイトルも受賞しているので。

大きく2つに分けると

守備は鳥谷選手
打撃は北條選手

鳥谷選手も打撃はいい選手で20本塁打を達成したシーズンもありますが、統一球の時代から一気に長打が減ってその延長がずっと来てる印象があります。

北條選手にはシーズン通して出場できれば10本から20本近くのホームランを打てそうな予感はしますね。

あと守備と考えたら名手の鳥谷選手も信頼を失っているし、北條選手もまだまだ信頼を得ることはできていません。

このキャンプ一番の注目度は糸井選手ですが、この2人のポジション争いも相当注目が集まるでしょうね。

【壁掛】鳥谷敬・2017年 カレンダー

阪神タイガース応援マフラータオル・北條史也

まとめ

捕手と遊撃手は打てなくてもいいという意見もありますが、守備が重要視されるポジションで打てる選手っていうのはやはり魅力的ですよね。

鳥谷選手だって打てる遊撃手なわけで、北條選手もそうです。

巨人の坂本選手のように打率も長打もあるショートは阪神にもいてほしいですね

北條選手は坂本選手と高校が一緒なのでいろんなアドバイスを貰っているのかも。

阪神2017のショート候補は

鳥谷選手、北條選手

そして、

大和選手、植田選手、板山選手もいるので最終的に誰がポジションを掴むのか楽しみですね~!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 島本浩也・阪神
  2. 鳥谷敬・2017ポジション
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


阪神タイガース イヤーブック2017

阪神2017のまとめ

baseball

カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪