阪神2017の中継ぎ投手は誰?若手と新戦力の候補をまとめてみた!

阪神2017・中継ぎ
阪神2017の

中継ぎ候補は?

についてフォーカスしていきます。

阪神は毎年他球団と比べても投手陣は比較的レベルが高くて、2016シーズンのチーム防御率3.38ということで広島についで2位です。

ただ、安定しなかったのは中継ぎ陣なわけですよね。

どうしてもJFKを比べてしまっている感があるので求められるレベルは高いというのもありますが、優勝するには勝利の方程式となる三本柱はいるかなって思います。

抑えに繋ぐまでに、勝ちパターンとして誰が安定するのか見ものですね。

そこで今回は阪神2017の中継ぎ投手の若手と新戦力で適していると思われる投手をまとめてみました~

スポンサーリンク

岩崎優

虎の伏兵現る!そんなイメージの投手です。

いるんですよね、ドラフト下位指名の「ん?だれや君?」みたいな選手が上位入団選手を差し置いて活躍してしまう。岩崎投手はそんな印象です。

決して速くはないストレートですが右打者の足元にスパッときまり、スライダーでしょうか?大きく曲がりストンと落ちる変化球。落ち着きのあるマウンドさばき。

球速以上の体感速度を感じさせるとこが武器ですね。

6回まで試合を作る力。まさに「ええの獲ったわ!」です。

唯一心配なのはタイプ的には完全に先発なので中継ぎとして大成するのか不安ですね。

中継ぎなら強いて挙げればロングリリーフが適切でしょうか?

個人的には先発ローテーションで二桁勝ってほしいけど、中継ぎでのブレイクも楽しみです。

岩崎優投手が2017シーズンから中継ぎに転向します。 タイプ的には先発向きかなと思いますが、新たな球種のカットボールやフォークにも磨きをかけたということで中継ぎでどういう

島本浩也

育成出身の苦労人です。

育成指名から這い上がり、少しずつ少しずつ成長してきました。

貴重な左腕ですが以前は小さくまとまった二軍レベルの投手でした。

しかし徐々に球速アップして、シュートも取得し大分嫌らしい投手になってきましたね。

一軍で結果が出ているのがその証拠です。

中継ぎ左のワンポイントとして50試合くらいは投げてもらいたいです。

年齢もまだ若くこれからの伸びしろもあります!

プロ入りからの過程だけで応援したくなる島本投手。虎のシンデレラストーリー完成まであと少しです!

島本浩也・阪神
阪神2017の開幕先発ローテーションはほぼほぼ決まっていますが、 中継ぎの期待の左腕がいること忘れてはいけません~! 島本浩也投手です! 育成から這い上がった

歳内宏明

少し伸び悩んでいる……そんな印象を受けますね。

ストレートで勝負はできますが、シーズン通しての計算される信頼度まではまだ到達していませんので、2017シーズンこそは!って感じですね。

有望な若手投手が増えてきましたから埋もれないように頑張ってもらいたいですね。

彼の武器は鋭く落ちるスプリット。

歳内投手を見ているとかつてタイガースにいたジェロッド・リガン投手を思い出します。

リガン投手も素晴らしい中継ぎ投手で三振を奪うより、スプリットを引っ掛けさせてアウトをとるタイプ。

コントロールも良かったです。

歳内投手もリガン選手のような中継ぎ投手を目指してほしいですね。

中継ぎライバルはたくさんいるのでスプリットという武器を効果的に活かしてもらいたいです!

歳内投手がU23日本代表に選出されています 阪神からは植田海選手もU23日本代表に選ばれているので第1回目となる「WBSC U-23ベースボールワールドカップ」で覚醒のき

小野泰己

まさにクローザー。

そんな印象を受ける選手です。

先発ローテーション候補として期待されていますがクローザーとして起用すればタイガースのリリーフ事情が一気に解消するような気さえしますね。

抜群のストレートにフォークボール!

抑えにぴったり?

課題の制球力やランナーを出してからのピッチングもイニングの短いリリーフの方が露呈しにくいような気がしますね。

まずは先発起用になるとも言われていますが、1イニングに全力投球する小野投手も見てみたいです!

先発ローテーションから外れてしまったときは中継ぎで結果を出して将来虎の守護神になってほしいですね。

小野泰己・阪神
阪神の2016年ドラフト入団選手で最も評価が高いのは 小野泰己投手でしょう。 他球団の同年ドラフト入団選手では創価大田中投手、明治大柳投手、桜美林大佐々木投手など大
阪神からドラフト2位で指名された富士大の小野泰己投手 今回の大卒ドラフトでは投手が主に目立っていましたが、創価大学・田中正義投手、桜美林大学・佐々木千隼投手、明治大学・柳

メンデス

豪腕助っ人外国人投手として入団!

MAX159キロの速球を長身から投げ下ろす外国人投手特有のスタイルです。

見る限り159キロは最速でも無理かなと。

守護神候補という触れ込みですがドリス投手の再契約もありましたから中継ぎでの出番もあ
りそうです。

アメリカ時代の動画をチェックするとスピードボールが主体の投手です。

稀にチェンジアップも投げていますが決め球として信頼できるボールではないようです。


球力もわりとアバウトのように感じました。

一見するとよくいる外国人投手なのですが年齢は26歳と若く将来性はありそうですね。

スピードボールには自信があるようなのでコントロールさえ身に付けば大成するかも知れません。

阪神投手コーチの「魔改造」に期待しましょう。

阪神が、2017シーズンの新外国人投手として、レッドソックス傘下3Aのローマン・メンデス投手をリストアップしているとの情報をキャッチしました。 1990年7月25日生まれ

スポンサーリンク

望月惇志

高卒のロマン枠ですね。入団時から「いい真っ直ぐ」は持っていましたがまさかここまで化
けるとは…………

2005年の藤川投手の大ブレイクのような衝撃でした。

タイガースファンからすれば

「打たれてもいいからガンガン一軍で使えよ!」


「コントロールが悪い?実戦で磨ければいい!」

それくらい将来有望な選手になりましたね!

中継ぎビハインドスタートにはなるでしょうが今年はとにかく一軍マウンドで経験を積んで来年、再来年への成長の布石にしてもらいたいです。

金本阪神1年目の最後の最後に登場した望月惇志投手! いろんな若手が出てきましたが、シーズン最終戦の9回に登板して見事無失点デビューを飾ってなんと153キロをマーク!

石崎剛

サイド気味のスリークォーターから最速155キロのストレートが魅力の大型右腕です。

「豪快」「豪腕」など大きな言葉の似合うスケールのでかい投手です。

一軍でも中継ぎとして結果を残しつつあるのできっかけ一つで大ブレイクもありえますね。

ただ良く言えば「荒れ球」悪く言えば「ノーコン」な投手なのでいかにコントロールを安定させるかが成功の鍵ですね!

社会人時代のチームメイトでもあった横山投手との完封リレーが早くみたいです!

今回は期待の速球投手、石崎剛投手をピックアップします。 石崎投手は社会人野球の新日鉄住金鹿島から、2014年ドラフト2位で阪神に入団しました。 武器は何といってもス

松田遼馬

若きリリーバー松田投手。

2016シーズンは22試合の登板ながら抜群の存在感を見せてくれましたね。

とはいえ、松田投手は将来のストッパー候補としての期待はまだまだあると思います。

そのためには中継ぎとしての実績が必須となりますから。

本来ならば一気にスターに成り上がる選手なのですが望月投手、小野投手など同じ右の速球派投手が次々と台頭しており一軍の席が確約されていないのがつらいところ。

ストレートに加えて制球力や変化球などにもう一つ武器がほしいですね。

今季はレベルの高い中継ぎ争いが見れそうなので松田投手には期待してます。

18イニング無失点のワクワクをもう一度!!

2011年にドラフト5位で入団した松田遼馬投手 いつか阪神のストッパーになるんだろうなと思ってましたが先発に転向? という報道がありましたね。 松田投手といえ

まとめ

以上、阪神2017の中継ぎ投手陣の有力な若手と新戦力を紹介しました。

阪神の課題は得点力不足が目立ちがちですが、2016シーズンの一番の課題は中継ぎ投手陣の踏ん張れなかったとこが大きかったと思います。

それに中盤まで負けている試合で、逆転を信じているときに中継ぎが踏ん張れずに大量失点で負けるシーンも目立ちましたね。

こういったケースも頻繁にありましたので、やっぱり阪神のウィークポイントは中継ぎの投手陣かなって感じはします。

個人的にキーマンとなるのは、岩崎投手。

先発のときは中盤で崩れるケースがありますが、序盤については普通に抑えている印象が強いのでかなり期待しています。

2016年までは中継ぎの左となれば高橋投手に頼りがちだったので、岩崎投手の存在は大きいかなと。

とにかく、勝利の方程式は確立してほしいですね。

JFK以来の鉄壁の3投手が今回紹介した中継ぎ候補から出てきて貰えることを期待しています!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 藤浪晋太郎・WBC2017
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


阪神タイガース イヤーブック2017

阪神2017のまとめ

baseball

カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪