馬場皐輔(阪神)の評価や球速と球種は?彼女いる?中学高校時代も!

馬場皐輔・阪神

2017年ドラフトで阪神タイガースから1位指名を受けた馬場皐輔投手。

阪神タイガースとソフトバンクの競合の末、阪神タイガースが交渉権を獲得しました。

外れ外れ1位となっているのですが、馬場投手の持っているポテンシャルは高く、将来が楽しみな投手です。

今回はそんな馬場皐輔投手のプロフィールやどんな投手なのか?

評価や彼女の情報と中学高校時代もチェック

そして先発ローテーションに入れるのか?

などなど、色々と迫っていきます!

スポンサーリンク

馬場皐輔ってどんな投手?プロフィールと評価もチェック

馬場皐輔・プロフィール

1995年5月18日生まれ
宮城県塩釜市出身
身長:180センチ
体重:88キロ
投打:右投右打
ポジション:投手

馬場皐輔投手がどんな投手かというと、最速155キロのストレートを持ち、7種類の多彩な変化球を操る投手。

周囲からはパワーピッチャーのイメージを持たれているようですが、本人は

「自分はストレート3割、変化球7割の変化球ピッチャー」

と言っており、変化球を中心に投球を組み立てることが多いようですね。

阪神は外れ外れ1位とはいえ馬場投手の評価はもともとドラフト1位クラスです。

金本監督は

「馬力がある。球速も150キロを超えてタフなピッチャー」

と言っていることから、やはり周囲からの評価はパワーピッチャーのようで、タイプとしては、阪神タイガースにいた久保田投手。

若干球は荒れるものの、ストレートで押し切り、変化球で三振を取るといったところでしょうか?

大学は仙台大学に入学、1年の春からリーグ戦に登板し、5試合を投げ、防御率0.93と大器の片鱗を見せつけました。

そして着々と力をつけ、4年生になるころにはプロ野球10球団以上から調査書が届くまでに成長を果たしたんですよね。

4年秋のリーグ戦では、5試合に登板し、37回、3完封、防御率0.49、奪三振数60、奪三振率14.59と驚異的な数字を残しました。

目をひくのが奪三振率で、2017年シーズン、セ・リーグ奪三振王のマイコラス投手でさえ8.95なので、いかに馬場投手の奪三振率が高いのかがわかりますよね。

そして、大学通算成績が32試合に登板し、15勝6敗、防御率1.34と素晴らしい成績で阪神タイガースのドラフト1位へと登りつめました。

ただ、弱点をしいてあげるならコントロールの不安定さとなっていて、プロ入り後はこの辺りの修正が必要となりそうです。

それでも150キロを超えるストレートは、誰しもが投げれる速さではないので、魅力のあるピッチャーが阪神タイガースに加わったといえるでしょうね。

即戦力候補として1年目から暴れてほしいですね。

球速と球種は?

ここで馬場皐輔投手の球速球種について調べていきましょう。

まずストレートですが上記にも触れていますが、最速155キロを誇り、キレのある球というよりは、強く重い球を持ち味としています。

球種となる変化球は主にスライダー、フォーク、スプリットを操り、他にも4種類ほどの変化球を投げれるようで、かなり器用な投手です。

自身変化球ピッチャーと言うように、スライダーでカウントを整えれるようになり、投球の幅が広がっていき、良い結果がついてくるようになりました。

まぁそれでもピッチングの基本はストレートだと思うので、プロ入り後は150キロを超える自慢のストレートをドンドン投げ込んで欲しいものですね。

本人は先発、中継ぎ、抑えどこでもOKと語っているだけにストレートともう1つの球種で三振が取れたら抑え候補もありかもしれませんね。

彼女情報

150キロを超える豪腕の持ち主の馬場皐輔投手ですが、顔も爽やかな感じですが彼女の情報はあるんでしょうか?

アマ時代の情報を辿る感じではまだ彼女に繋がる情報はありませんでした。

今までが大学生だったこともあり、公にはなっていないだけで、きっと彼女はいたと思います。

まぁ馬場投手のプライベートが色々出てくるのはこれからですよね〜。

人気球団に入団したことにより、マスコミには注目されますし、なんといってもこれから大活躍をして、フライデーされるぐらいに羽ばたいて欲しいと思います。

中学高校時代

大学で一気にブレークを果たした馬場皐輔投手ですが、中学高校時代はどんな投手だったのかチェックしていきましょう。

宮城県出身の馬場投手の出身中学は地元の塩釜三中学校に進学したようです。

当時は中学校のクラブには入らず、地元にある七ヶ浜シニアに所属し、2009年には全国大会にも出場しています。

そして、高校は地元の名門、仙台育英高校に進学、2年の秋からベンチ入りを果たし、当時エース番号をつけていた鈴木天斗投手と二枚看板でフル回転した結果、チームを神宮大会初優勝へと導きました。

3年生のころには、春のセンバツにも出場、先発、救援とチームに大きく貢献し、8強入りの原動力となり、その年の夏の甲子園も出場を果たしています。

東北大会では、5試合に登板(先発3)、防御率0.00と、驚異的な成績を記録しました。

やはりドラフトで1位指名されるような選手というのは、高校時代からズバ抜けた成績を残しているんですね。

そして、仙台育英時代の同学年には、現ソフトバンク期待の若手上林誠知選手、2017年ドラフトで同じ阪神タイガース入りを果たした、熊谷敬宥選手がいて、これからが楽しみとなっています。

スポンサーリンク

先発ローテに入れる?

2017シーズンは先発投手が安定しなかった阪神ですが、馬場皐輔投手は果たして先発ローテーションに入れるのか?

チェックしていきましょう。

まず2017年シーズンの阪神の主な先発投手は、メッセンジャー投手秋山投手能見投手

この3人が主に居て、そこに岩貞投手藤浪投手小野投手岩田投手青柳投手とこの辺りの投手が間を埋めていました。

本当は岩貞投手、藤浪投手には1年間先発ローテ入りを期待していたと思うのですが、調子が上がらずローテを守ることは出来ていません。

ただ、2017シーズンの先発陣を見る限り絶対的な信頼を得たはメッセンジャー投手と秋山投手のみ。

金本監督のことなので、この2投手以外の先発ローテは確定していないのでしょう。

そして、ここに馬場投手が入り込んでくるのですが、正直1年目からの先発ローテ入りは可能だと思います。

もちろん課題のコントロールを克服できればの話ですがね。

それでも150キロを超えるストレートは魅力ですし、変化球も多彩なので、金本監督としても1年目からの活躍を期待していると思いますね。

少なくとも登板のチャンスは与えられると思うので、そこで結果を残せば1年目からの先発ローテ入りとなるでしょう。

まとめ

ここまで阪神タイガースの2017年ドラフト1位ルーキー馬場皐輔投手について色々と書いてきましたがどうでしたか?

やはり馬場投手といえば150キロを超えるストレートに、多彩な変化球が魅力ですよね。

もちろん課題はあり、コントロールが弱点となってはいますが、プロ入り後にその辺りは克服をして欲しいところ。

もちろんドラフト1位ということで、周囲からの期待も非常に高くなっており、1年目からの先発ローテ入りも注目されています。

馬場皐輔投手がプロ入り1年目からどういった活躍を果たすのか?

注目していきましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 秋山拓巳・規格外
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


阪神タイガース2018カレンダー

阪神2017のまとめ

baseball

カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪