熊谷敬宥(阪神)の彼女や弟は?守備の評価や中学と仙台育英時代も

熊谷敬宥・阪神

2017年ドラフトで阪神タイガースから3位指名を受けた熊谷敬宥選手。

ショートの守備に定評がある選手で、守備だけなら即戦力とのこと。

もちろん守備だけでなく、足も速く、バッティング技術も高いようで、走攻守三拍子揃った選手と言えるでしょう。

今回はそんな熊谷敬宥選手のプロフィールや周囲からの評価。

イケメン選手と有名なんですが、彼女や弟は?

そして、守備が評判で打撃はどうなのか?

中学や仙台育英時代についても迫ります!

スポンサーリンク

熊谷敬宥のプロフィール!評価をチェック

熊谷敬宥・プロフィール

1995年11月10日生まれ
宮城県仙台市出身
身長:175センチ
体重:72キロ
投打:右投右打
ポジション:遊擊手

立教大野球部キャプテンを務め、走力、守備に関しては即戦力との情報がある熊谷選手なんですが、周囲からはいったいどういった評価なんでしょう?

まず阪神タイガースの平塚スカウトは

「目を見張る脚力と堅実な守備が持ち味のショート。ベースランニングも上手く、盗塁の技術も持ち合わせている。打撃面でのレベルアップを図ることができれば将来的にはチームの中心選手として期待される選手」

とベタ褒めでした。

やはり脚力と守備に関してはかなりレベルの高いところにいる選手なんでしょうね〜。

阪神タイガースとしても金本監督就任以降、走ることに重点を置いて取り組んできましたが、2017年シーズンもチーム盗塁数70で、一番走っている広島が112と40以上の差をつけられているので、熊谷選手にはこのあたりの盗塁数を期待したいですね。

そしてショートということで、阪神タイガース入団となると、大和選手や北條選手、糸原選手といった選手達との競争が待っています。

守備では超一流の大和選手に分がありますが、その大和選手がFA権を行使し、他球団に移籍する可能性があるので、仮に移籍となると北條選手、糸原選手との争いになり、脚力、守備では熊谷選手が優っていると思うので、いいレギュラー争いを演じられのではないでしょうか?

もしかするとプロ入り1年目からのショートレギュラーの可能性も十分あると思いますね。

他には広島カープの松本スカウトは高校時代の熊谷選手を見て

「足があって守備のセンスがあり、いい選手でした。小さいけれどウチの菊池涼介も170センチぐらいの内野手ですから。4年後が楽しみです」

と言っており、熊谷選手の脚力と守備は高校時代から注目されていたようです。

しかも日本球界を代表する守備職人の菊池選手と比べるぐらいですから、熊谷選手の守備は相当なものがあるんでしょうね。

彼女と弟をチェック

大学時代から女性ファンが多く、イケメンと評判の熊谷敬宥選手ですが、彼女はいるのでしょうか?

そして弟についてもチェックしてみました。

まず彼女についてですが、熊谷選手自身が公表している彼女はいないようですね〜。

もちろん熊谷選手が公表していないだけで、彼女はいるかも知れませんが。

ただ大学生らしくSNSで「オレも彼女とデートがしたーい」と呟いていたので、もしかすると彼女がいなく、友達のデートでも目撃したのかも知れませんね。

それでも写真を見てもわかるように、かなりのイケメン選手で、大学時代から女性ファンもかなり多いところを見ると、プロ入り後の人気は相当なものになりそうですよね

現在はポルトガルのサッカー選手、クリスティアーノ・ロナウドに似ていると噂になっています。

そしての情報について検索してる人は多いようですが、ほとんどどこにも情報が載っていませんでした。

ただネットで少し載っていた情報だと、弟さんも野球をやっているようで、現在は宮城県の高校で頑張っているそうです。
もちろんあくまでも噂話ですが。

それでも熊谷選手の弟というぐらいですので、守備と脚力に長けた選手なんでしょうね。

もしかすると春や夏の甲子園などで、お目見えとなるかも知れませんね。

守備が評判で打撃はどう?

守備に関してはプロ野球でも通用すると言われてる熊谷敬宥選手ですが、守備打撃はどうなのか?

見ていきましょう。

まずプロ野球でも即通用すると言われる守備についてなんですが、スピード感溢れるプレーで、守備範囲が非常に広い選手です。

派手な守備というよりは、難しいプレーでも簡単に見えてしまうような守備が持ち味で、ソフトバンクの今宮選手のようなタイプ。

中でも送球のレベルが高く、阪神の平塚スカウトは

「送球のエラーは見たことがない」

と言っているように、プロのスカウトも唸るほどの送球技術を持っているようですね。

他にも脚力が魅力で、50メートル5秒9の俊足を誇り、大学4年の春のリーグ戦では盗塁王にも輝いています。

そして肝心の打撃に関してですが、ハッキリ言って今のままでは中々プロ野球では通用しないのかなと。

大学時代の打率を見ても、大体が2割前半から2割5分ぐらいなので、プロに入るとより一層厳しい攻めが待っており、バッティングに関しては熊谷選手の課題となっています。

ただ阪神タイガースは金本監督就任以来、筋トレなどバッティングへの意識が非常に強い球団となっており、熊谷選手もプロ入り後に十分補っていけるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

中学と仙台育英時代は?

バッティングが課題となっている熊谷敬宥選手ですが、中学仙台育英時代はどういった選手だったのか?チェックしてみました。

宮城県仙台市出身の熊谷選手は、地元の南光台中学に進学しています。

当時は中学のクラブに入らず、地元の仙台東部シニアに属していたようですね。

そして、高校は野球の名門仙台育英へと進学を果たしました。

仙台育英では2年の秋からショートのポジションでレギュラーを獲得し、3年のころには春夏甲子園にも出場しています。

そして、侍ジャパンのU-18にも選出され、U18W杯では5盗塁を記録し、盗塁王を獲得しました。

やはり、高校時代から足が速く、このあたりが熊谷選手の最大の武器となりそうですね。

タイプ的に植田選手とと近いので、最初は守備と足でのアピールする機会を増やして将来の二遊間を任される選手として期待されるでしょう。

まとめ

ここまで未来の盗塁王になるであろう熊谷敬宥選手について色々と書いてきましがどうでしたか?

やはり熊谷選手といえばプロ野球に入っても即通用すると言われている守備と脚力。

守備に派手さはないものの、堅実な守備が魅力で、試合終盤の守備固めでも出場できそうな選手。

他にも50メートル5秒9の俊足を生かし、塁に出れば相手チームを揺さぶる走塁も魅力となっています。

もちろんバッティングに課題は残しているのですが、その辺りはキャンプなどで鍛えていってほしいですね。
これからもそんな熊谷選手に注目しましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 秋山拓巳・規格外
  2. 藤浪晋太郎・登録抹消
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


阪神タイガース2018カレンダー

阪神2017のまとめ

baseball

カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪