西岡剛は背番号(7)を糸井に譲る?再婚や彼女の噂は?現在の年俸も

西岡剛・阪神
阪神に移籍して4シーズンが経過した西岡剛選手

2013シーズンとなる1年目は怪我の時期もありましたが、流石だなという活躍を見せてくれたし大人しいといわれる選手の雰囲気も西岡選手が加入して一気に明るくなってましたね。

でも、阪神2年目からは本当に波乱万丈の連続です。

毎年開幕スタメンオーダーに必ず入りますが、全てのシーズン怪我で離脱していますので勿体無いというか、実力がある選手だということがわかりきってるだけに見てる方も歯痒い気持ちにもなっていくとこはありますね。

毎年怪我に泣かされているわけですが、それでも西岡選手の阪神に対する思いが伝わってくるだけに個人的にも応援したくなります。

てなわけで、そんな西岡選手が阪神に加入してからのおさらい、背番号のこと、再婚や彼女の噂、2016・2017の年俸についても迫っていきます~!

スポンサーリンク

西岡剛の2013~2016のおさらい

西岡選手はツインズ時代を2シーズン過ごしたわけですが、不運にも走者と交錯して左足を骨折しましたが、この怪我から西岡選手の歯車がおかしくなっていったのかなとも思います。

【2013シーズンの成績】
122試合 打率.290 4本塁打 44打点 11盗塁
自由契約となって阪神に2013シーズンから加入するわけですが、1年目は冒頭でも書いたように1番・二塁手として常に安定した活躍を見せて、西岡選手が決めたおきまりのパフォーマンス「Gratiii(グラティ)」もかなり印象に残っています。
ws000795

シーズン途中に左膝を痛めたりもしましたが、十分な活躍だったと思います。

見てて、西岡選手が阪神に居るか居ないかでチームの雰囲気が全然違うのは誰もが思ったんじゃないですかね。

ロッテ時代に比べると若干劣る部分がありますが、この数字なら合格点ですよね。

【2014シーズンの成績】
24試合 打率.237 0本塁打 4打点 0盗塁

そして阪神2年目となる2014シーズンですが、開幕三戦目の東京ドームです。

セカンドからライトかけての中途半端な打球を追って福留選手と交錯して、左肩鎖関節の脱臼に鼻も骨折してしまい途中退場でほぼこのシーズンは終わってしまいます。
ws000796

この時、福留選手も相当な痛みがありましたが、そのままシーズン通して試合に出場し続けたことが凄いですが^^;

この年のペナントシリーズはほぼ何もできずに終了してしまうことになりますが、クライマックスシリーズと日本シリーズではチームに大きく貢献したことがまだ救いだったかもしません。

まぁ日本シリーズの最後に西岡選手の守備妨害でシーズンを終えたわけですが、もってる男だなと(笑)
西岡剛・守備妨害

このように成績はさっぱりですが、クライマックスシリーズと日本シリーズの活躍は評価できます。

【2015シーズンの成績】
50試合 打率.262 2本塁打 14打点 1盗塁

続く2015年は気持ちも新たに正三塁手としてシーズンをスタート。しかし5月末には右肘屈筋挫傷を発症してしまい、またしても長期の戦線離脱を余儀なくされました。つくづく怪我に泣かされている西岡選手。
西岡剛・三塁

また、シーズン後の契約更新では入団後の不本意な成績に対して減額率40%という厳しい評価となりましたが、さすがにこれはしょうがないといったところでしょうか。

【2016シーズンの成績】
55試合 打率.295 0本塁打 15打点 6盗塁
今度こそフルシーズン出場を目指して臨んだ2016年。正二塁手に返り咲いてスタートをきりました。金本監督に代わって最初のサヨナラ安打を打つなど、再起に向けての意気込みが感じられましたね。

しかしまたしても不運が西岡選手を襲いました。

7月20日の試合中に一塁を回ったところで立ち上がれなくなり、そのまま救急車で搬送されていきました。そして「左アキレス腱断裂」と診断されシーズン中の復帰は絶望となりました。
西岡剛・アキレス腱

その怪我の意味は西岡選手が一番わかっていたようで、一時は「野球人生が終わった」と引退まで考えたそうですが、ファンからの励ましを受けて手術を受けることを決断し、無事に成功。

10月の初めにはギプスをはずし自力で歩く姿をみせており、現在はジョギングできる程度にまで回復してきているそうです。

順調に回復しているようで一安心ですね。

アキレス腱断裂を乗り越えてその後活躍した選手は過去にもいましたが、やはり無理は禁物。チームの為にも早く戻ってきて欲しい反面、焦らず無理せずしっかり治して欲しいですね。

スポンサーリンク

西岡剛は背番号「7」はFA移籍の糸井に譲る?

プロ野球入団以来、日本球界ではずっと背番号「7」を背負っている西岡選手ですが、FA移籍濃厚の糸井選手も背番号「7」に強い拘りをもっています。

実力世界なので実績のない選手は、場合によって背番号を譲らないといけないことがあります。

でも西岡選手ほどの選手なら何があっても背番号「7」は譲らないと思っていましたが、

糸井選手が希望するならこだわりのある背番号「7」を譲っても良いと語っています。

怪我で戦列を離れているから出た言葉なのかもしれませんが、背番号は野球選手にとっては大事な意味をもっているものですし、私も手放す気は無いだろうと思っていただけにこの発言はちょっと驚きました。どうやらその真意はこういうことのようです。

「僕も7番にはこだわっている。ただ、チームが勝つためなら、強くなるためなら譲ってもいい。勝つことが全てだから」

また、

「仮に球団が糸井さんの獲得に乗り出し、もし7番を希望するなら渡したい。僕が阪神に移籍した時も、全て気分よく入団させていただいた。だから、もし糸井さんが入団してくれるなら、全ての環境がパーフェクトに整う方がいいと思う」

とコメントしています。復帰の目処が立っていない自身の現状とチームが勝つことの大切さ、そして移籍経験のある選手としての気配りが見え西岡選手の人柄がうかがえるコメントですよね。

かなり意外でありましたが、それでチームが勝つことを優先して考えているのがわかりますし、もともと西岡選手は俊介選手から背番号「7」を結果奪い取ったような形になっているだけに糸井選手レベルの選手なら覚悟しているんでしょうね。

西岡選手は男気のある選手ですが、まさかここまでとは正直思いませんでした!

やたらとカッコいいなと思ったので、2017シーズンはもう一度勝負してレギュラーを勝ち取ってほしいですね!

追記:西岡剛の背番号が「5」に変更

西岡選手が背番号「7」から「5」に変更になりました。

西岡剛・背番号「5」プリントユニホーム販売はこちら

西岡選手は阪神に移籍してきたときは俊介選手から背番号「7」を譲り受けましたが、結果的に糸井選手に譲ることになり残念な思いもあるでしょう。

プロ野球の世界なら当然のことではありますが、今回のように大型FA選手が後から入団する大型FA選手に背番号を譲渡するケースは初めてのような気がしますね。

西岡選手はずっと怪我でチームに貢献できてないことわかっていたから譲る気持ちになったんだと思います。

でも、そういう男気が西岡選手らしくてかっこいいですね!

背番号「5」が似合う選手になってほしいなと思います。

西岡剛は2016現在の年俸は?2017は大幅ダウン?

2016年の西岡選手の年俸は、推定年俸1億800万円(7,200万円減)でした。この7200万円減というのはNPBでの減額制限を越える額でしたが、本人も納得。怪我で半分以上出場できなかったことを考えるとしょうがない数字なのでしょうね。

2017年の年俸に関してはまだ未更改ですが、後半出場できなかったこと、現在もリハビリ中であること、そして来年も開幕からの出場はおそらく無理であることを考えると、またしても大幅にダウンすることは簡単に予想できますね。それでも来年阪神にいるということはすでにフロント陣と話し合ったそうですし、西岡選手にはなんと言っても阪神愛があります。

年俸がダウンするとやる気が削がれるのではないかと思いがちですが、そこはプロ野球の世界。ダウンされた選手は口をそろえて来年こそ結果を出すとバネにしていますよね。西岡選手も阪神入団当初から考えるとかなり年俸は少なくなってしまうでしょうが、そこで腐らずにがんばって欲しいですね。

西岡剛の離婚後は?再婚の噂や彼女はいる?

2014年に奥さんであった徳澤直子さんと離婚が成立した西岡選手。
西岡剛・嫁

その後の私生活はどうなのでしょうか。

もともとイケメンで人気もあった西岡選手ですので、直子さんとの離婚が成立した今となっては新しい彼女や再婚の噂が聞こえてきてもおかしくないのですが、彼女についてもはっきりとした情報は得られませんでした。

まぁ、いろいろ報道されやすい選手なだけに誤報もあるなかでも彼女はきっといるでしょう~!

既に、再婚された噂もありますがはっきりした報道がないので断定はしないでおきます。

徳澤直子さんの方は既に再婚されてますが、西岡選手はどうなんでしょうね。

直子さんとの離婚原因の一つに「きっちり決まるまで漏らさないという約束の情報が流れたから」という理由もあったとされる西岡選手だけに、今の時期に女性関係の情報が正式発表されるということは考えにくいですが、もし彼女がいたり、再婚してるのであればしっかり支えてあげて欲しいですね。

『華奈』『ホステス』というワードも調べられているようですが、西岡選手の再婚の事実、気になります~

まとめ

例年であれば年明けから「チーム西岡」を率いて合同自主トレをしていた西岡選手。

オフは日本ハム・中田翔選手と二人きりで復活に向けて自主トレをすることを決めたそうです。

後輩の面倒までみる余裕はないという自覚の表れでもあり、大阪桐蔭出身同士に車好きっていう仲の良さもあるんでしょうね!

2017年は西岡選手にとってプロ入り15年目という節目の年でもあり、また復活をかけた勝負の年にもなりますね。
開幕からの合流は難しそうですが、西岡選手が復帰してくれることをファンは待っています。

頼むぞ~!
西岡~!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


阪神タイガースグッズ情報2017

阪神2017のまとめ

baseball

カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪