石崎剛(阪神)の結婚相手(嫁)は?球種や中学高校時代も調査!

石崎剛・阪神
今回は期待の速球投手、石崎剛投手をピックアップします。

石崎投手は社会人野球の新日鉄住金鹿島から、2014年ドラフト2位で阪神に入団しました。

武器は何といってもストレート!

ちなみにこの年のドラフト1位は、同じく新日鉄住金鹿島の横山雄哉投手。ドラフト1位と2位が同一チーム所属選手だったことは、NPBドラフト史上初めてのことでした。
石崎投手は即戦力と期待され、1年目から救援要員として開幕1軍登録を果すなど実力は相当期待できる印象がありますね。

シーズン前は石崎・松田遼馬・呉昇桓で形成する「IMO」なる勝利の方程式として期待されましたが、石崎投手はわずか8試合の登板で登録抹消に。
2軍では先発として調整するものの再び救援として1軍昇格するなど、なんだか起用法に迷いが見られましたね。

2年目の2016シーズンは、やはり救援として10試合で1軍のマウンドに立ち防御率1.69。9試合連続無失点を記録するなど、それなりの力は示しました。

ルーキーイヤーで投げた東京ドームでの1死満塁からの大事な場面で打たれたことが印象深く残っています。

そんな石崎投手ですが、3年目となる2017シーズンこそ勝負の年となりそうです。
勝利の方程式の一角を担うことはできるのでしょうか。

そんなわけで、この記事では石崎投手の結婚した嫁、球種や中学高校時代の成績なども調査しました。

スポンサーリンク

石崎剛(阪神)が高評価で2017は勝利の方程式?球種もチェック

2016年秋、宮崎でのフェニックスリーグに参加した石崎投手。

4試合に登板して4.0回・失点3・自責点3・被安打4・四球4・死球0・奪三振1・防御率6.75という成績でした。
この数字だけ見ればあまりパッとした感じではありませんね。

でも、秋季キャンプでは金本監督から高い評価をもらったみたいです。

「今日、ピッチャーでよかったのは岩貞、石崎かな。(石崎は)リリースの位置と腕が振れていたのかな、というのはあった」とコメント。
テレビ番組でも金本監督は「ボールはすごくいい」

と高く評価していましたよ。

秋季キャンプに向けて気持ちを入れ替え、巻き返しをはかってきたということでしょうか。

2017シーズンは開幕1軍、そして貴重な中継ぎ投手としての地位を確かなものにして、阪神の新しい“勝利の方程式”の一角を担ってほしいものですね。
そのためには10試合程度の登板ではまったく物足りませんね。

でも金本監督は勝利の方程式の一角として石崎投手への期待は大きいとコメントされていますので、状態次第では開幕から勝ちゲームで登板する可能性は多いにあるといえるでしょう。

勝ちパターンで40試合はクリアしてほしいですね!

もともと石崎投手は、ストレートがめっぽう速いと評判で球種は他にカーブ、スライダー、シュート、フォークと持っていますが、球種配分では90%近くが最速155キロのストレートなんです。

以前のインタビューでも、20114-15シーズンに絶対的守護神として活躍した呉昇桓投手の代名詞「石直球」を継承したいと語っていましたし、それ以上の質を感じますね。

しかも2016シーズンは、チームとして打ち込まれた中日・ビシエド選手を自慢のストレートで空振り三振に仕留めるなど、外国人助っ人への強さも持っています。

2017シーズンは呉昇桓投手より強力な「石直球」で、外国人をばったばったと打ち取る石崎投手を見たいものですね。

石崎剛(阪神)の中学高校時代は成績は?

石崎投手は茨城県古河市の出身です。

古河市立諸川小学校時代に野球を始め、同市立三和北中学校に進みました。

所属は軟式野球部。チームは目立った成績はなかったようです。

本人も球速130キロ未満の平凡な投手だったようで、中学卒業後は地元の県立三和高校へ進学するわけですが、三和高校は野球の強豪校ではなく、まったくの無名高校でした。
石崎剛・高校

というのも、部員は9人しかおらず、ケガで部員が不足すると他部から助っ人を頼むようなありさまだったとか。

そんなチームからプロ選手が輩出されるなんて、世の中何が起きるかわかりませんね。

当然、石崎投手は1年夏からベンチ入り。

2年夏には全3試合を完投し、26回30奪三振という好記録を打ち立てますが、チームは3回戦止まりでした。

これで甲子園出場を決めたりすれば、まるでマンガのような話だったですけどね。

高校卒業時には145キロの速球を投げ、プロのスカウトの興味も集めるようになりますが、本人はプロでやる自信はないと、プロ志望届は提出せず、社会人野球の新日鉄住金鹿島に4年間在籍して阪神にドラフト指名されたわけです。

スポンサーリンク

石崎剛(阪神)は彼女いる?

打者に真っ向から向かっていく強力なストレートが武器の石崎投手。
女性へのアプローチも真っ向勝負なのだろうと想像します。

でも、彼女の存在は確認できていません。

現在27歳と結婚適齢期を迎えていますが、まだまだいまは野球一筋ということなのでしょうか。

出身の三和高校は男女共学だし、新日鉄住金鹿島にも女性従業員は多かったはず。

出会いの機会はたくさんあったはずなので、実はお付き合いしている人がいてもおかしいことはないですね。

社会人時代を共にした横山投手なら知っていると思いますが実際には彼女はいるんでしょうか?

今後の朗報を待ちたいと思います。

追記:石崎剛が結婚!嫁は?

石崎投手が結婚されました。

お相手は一般人女性で神奈川県出身の一般人の方で、交際期間は1年。

何やら女優の有村架純さんに似た美人だそうですよ。

プロポーズの言葉はシンプルに

“結婚してください”

とのこと。

嫁となる方はすでに「アスリートフードマイスター」の資格も取得されているということもあって、石崎投手の食事管理に徹してくれているようですね。

石崎投手も結婚したことで、武器であるストレートに磨きをかけていってもらいたいところです。

結婚したからにはシーズン通して1軍でフル回転してほしいですね!

期待してます~!

まとめ

石崎投手の投球フォームは、力感あふれるサイド気味のスリークォーター。

腰痛に悩まされ、腰に負担の少ないフォームということで、社会人時代に矯正した形とのことです。

そのフォーム改造が大正解。繰り出される150キロ超の火の玉のようなストレートが大きな武器となりました。

ストレートがいいだけに一部には“藤川球児2世”の声も聞かれます。

今はチームメイトでもあるわけですから、ベテランから多くのものを学び、吸収してほしいですね。

フォークなど、他の球種のクオリティも上げれば、自慢のストレートももっと生きてくると思います。

2017年勝利の方程式の一角に定着すれば阪神にとっては大きな財産になるので期待したいですね!

がんばれ、石崎!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 藤浪晋太郎・荒れ球
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


阪神タイガースグッズ情報2017

阪神2017のまとめ

baseball

カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪