阪神ドラフト2016を予想してみた!指名シミュレーションは?

阪神ドラフト2016予想
阪神の2016シーズンは「超変革」を掲げて、金本チルドレン達の将来性が沢山見れたことがファンも納得しているところだと思います。

そして阪神ドラフト2016!

何といっても去年のドラ1の高山選手が球団新人記録を塗り替えたことはもちろん凄いことですが、ドラフト2位・坂本捕手、ドラフト5位・青柳投手、ドラフト6位・板山選手も積極的に1軍で使われたところが超変革らしいといえますね。

ということで、今回のドラフト2016の補強選手も固まってきてることでしょう。

競合しても、金本監督が高山選手のように見事クジを引いてくれることを祈ってます~!
阪神ドラフト2016予想選手の紹介とドラフト1位・外れ1位候補についてもシミュレーションしてみました~!

スポンサーリンク

佐々木千隼・桜美林大

佐々木千隼・ドラフト阪神
1994年6月8日生まれ
東京都日野市出身
181センチ・83キロ
投手・右投げ右打ち
最速153キロ 球種:スライダー・フォーク・チェンジ

阪神はドラフト2016の1位候補として、即戦力の先発投手を狙っています。

以前からの調査で佐々木千隼投手を一本化するとも報じられていますが、即戦力だけじゃなく、エース候補として長年先発ローテーションを務めることができる将来性を重視したうえの決断だといいます。

豪腕ですが、制球力がいいということで同じ豪腕の藤浪投手にはないタイプなのかもしれませんね。
評価基準をみる限り一本釣りは難しいともいえますが、もし獲得できれば藤浪投手、メッセンジャー投手、青柳投手に続く右腕ということで一気に先発陣が分厚くなりますので、金本監督のくじ運に期待するしかありません~

田中正義・創価大

田中正義・ドラフト阪神
1994年7月19日生まれ
神奈川県横浜市出身
186センチ・90キロ
投手・右投げ右打ち
最速156キロ 球種:スライダー・フォーク・チェンジ

今回のドラフト2016の超目玉としてもっとも注目されている投手ですね。

数多くの球団が競合されると思いますが、阪神もずっと田中正義投手か、佐々木千隼投手のどちらかをドラフト1位候補に挙げています。

一時期は12球団が競合するんじゃないかと言われる程だっただけに当日のドラフト会議が楽しみですね。
右肩痛の影響がどこまであるかによっても変わってくるかなという印象がありますが、万が一獲得した場合は、間違いなく阪神の先発ローテーションに入ってくるはずです。

藤平尚真・横浜

藤平尚真・ドラフト阪神
1998年9月21日生まれ
千葉県富津市出身
185センチ・83キロ
投手・右投げ右打ち
最速152キロ 球種:スライダー・フォーク・カーブ

夏の甲子園では高校BIG3として注目されましたね。

阪神は大学即戦力を上位指名として考えているので、2位で獲れたら最高ですが、他球団が単独指名しそうな感じはあります。
即戦力というよりも、3年後の先発ローテーションといったところでしょうか。藤平投手もドラフト上位候補には間違いはありません。

吉川尚輝・中京学院大

吉川尚輝・ドラフト阪神
1995年2月8日生まれ
岐阜県羽島市出身
177センチ・79キロ
遊撃手・右投げ左打ち

吉川選手はポスト鳥谷として、ドラフト1位候補として挙げられてましたが、北條選手の成長によって阪神側の見方が変わっています。

三拍子揃った選手で大学でも首位打者や盗塁王に輝いているとうこともあり、他球団からの1位入札の可能性もあります。2位での獲得は難しいかもですが、守備範囲の広さは魅力的ですね。
広島カープの菊池選手のショートバージョン的な感じかなと。

京田陽太・日本大

京田陽太・ドラフト阪神
1994年4月20日生まれ
石川県能登市出身
184センチ・80キロ
遊撃手・右投げ左打ち

守備と走力はプロの1軍レベルということで、以前から阪神は目をつけていた選手です。

中京学院大・吉川選手と同様に北條選手の成長でやはり上位指名はあっても1位指名の可能性は薄いです。
184センチの長身で走力が抜群で打撃能力が高いので、思い切って1位指名でも間違いではないかなって感じはしますね。

1位指名なら一本釣りの可能性が高いだけに他球団が狙っている可能性は大いにあるでしょう。

スポンサーリンク

柳裕也・明治大

柳裕也・ドラフト阪神
1994年4月22日生まれ
宮崎県都城市出身
180センチ・80キロ
投手・右投げ右打ち
最速150キロ 球種カーブ・スライダー・チェンジ・ツーシーム・カット

リーグ史上15人目の300奪三振を達成したことで阪神も1指名候補だったのですが、複数の球団が既にマークしてます。

カーブの落差は一級品ということで、阪神を引退した福原投手を思わせるカーブに近い部分がありそうです。
Aランクの選手なので、阪神がサプライズとして1位指名しても4球団くらいは競合しそうな気配はあります。

堀瑞輝・広島新庄

堀瑞輝・ドラフト阪神
1998年5月10日生まれ
広島県呉市出身
177センチ・72キロ
投手・左投げ左打ち
最速150キロ 球種:スライダー・カット・チェンジ

スピンの効いた伸びのあるストレートが特徴的で高校トップクラスの左腕とも言われています。

左腕で150キロの球速を記録することもなかなかありませんが、スピードガン以上に球速がきてるということで、将来性を高く買われていますね。
ドラフト3位~4位辺りで獲得できたらいうことはないでしょう。

畠世周・近大

畠世周・ドラフト阪神
1994年5月31日生まれ
広島県呉市出身
186センチ・74キロ
投手・右投げ左打ち
最速152センチ 球種:スライダー・カット・カーブ

2016年の春には阪神の2軍と対戦して、5回を無失点と好投したことで各球団に大きなアピールとなりました。

プロ志望届は提出してるとのことですが、右肘のネズミ(遊離軟骨)持ちで投球の再開がいつになるのかという問題ですね。
その辺球団側がどこまで考慮してるかによりますが、獲得となるとドラフト下位でしょう。

生田目翼・流通経済大

生田目翼・ドラフト阪神
1995年2月19日生まれ
茨城県常陸大宮市出身
174センチ・76キロ
投手・右投げ右打ち
最速155キロ 球種:スライダー・カーブ・カット・チェンジ・フォーク

1年前は阪神が徹底マークしていた投手です。

174センチと体は大きくありませんが、多彩な変化球に最速155キロのストレートは驚異的でしたが、故障を抱えたからの評価は一気に下がっています。

これだけの逸材ですが、一時期は公務員志望だったことに踊りですね。
徐々に状態も上がっているようなので、上位指名があるかもしれません。

酒居知史・大阪ガス

酒居知史・ドラフト阪神
1993年1月2日生まれ
大阪府出身
179センチ・80キロ
投手・右投げ右打ち
最速148キロ 球種:スライダー・カーブ・ツーシーム・チェンジ

阪神はセットアッパーか守護神候補としてこの選手の獲得を狙っています。

2016シーズン防御率はリーグで2位で決して悪くはないけど中継ぎからストッパーが大きく崩れたので、その辺即戦力で獲れたらかなりのプラスとなりますね。

フォークの落差があるということで、広島カーブの永川投手タイプで高評価を受けてます。
阪神の勝ちパターンのリリーフ陣は0から競争になるので、酒居知史投手にとっても大きなチャンスといえるのではないでしょうか。

阪神ドラフト2016!1位と外れ1位をシミュレーション!

阪神ドラフト2016の候補選手を紹介しましたが、どの選手も他球団が1位指名で競合する選手ばかりなので、この中から1人か2人阪神に入団したらいいところかなと思ってます。
そして、ドラフト1位選手が競合してクジで引けなかった場合は外れ1位を選ばないといくなく後の選手が構想もずれてくるのがネックですよね。

ということでドラフト1位と外れ1位をこんな感じでシミュレーションしてみました。

ドラフト1位は佐々木千隼(桜美林大)投手

やっぱりここに来て、田中正義(創価大)との二択から一本化されたことで可能性はほぼ確定に近いですね。

ただ、巨人など複数の球団からも1位指名される可能性も高いということで、クジを外すことも視野にいれないといけないわけです。

そこで外れ1位選手なのですが、これまでの阪神スカウト陣など情報を見ると、

日大の京田陽太選手が有力かなと思います。

今回のドラフトで阪神の即戦力投手を前提にしていますが、1位を外すとなれば、野手も含めた有力選手に切り替えないといけないとこもあります。

そう考えてみると、ポスト鳥谷とも呼ばれた京田陽太選手が外れ1位になっても不思議ではないかなと。

一番ラッキーなパターンは中京学院大の吉川尚輝選手が外れ1位で獲得できばいいんですが、まぁドラフト1位で他の球団が指名すると思います。

京田選手が他の球団から1位指名を受ける可能性も十分にあるので、その場合は外れ+外れ1位になってしまい計算が大きくずれますね^^;

ですが、岩貞投手も外れ+外れ1位ですが、2016シーズンブレイクしましたのでドラフト1位が外れても常に1位候補がスタンバイされているわけなんですよね。

今回のドラフト指名された各選手もまた追っていきます~!

追記・ドラフト1位は白鴎大・大山悠輔選手

阪神のドラフト1位は白鴎大学の大山悠輔選手に決まりました~!

全く予想していなかっただけにサプライズですが、阪神の大砲候補として期待できる選手です~!

阪神のドラフト2016は超サプライズになりましたね。 評判では桜美林大学の佐々木千隼投手か創価大学の田中正義投手のどちらかと思っていましたけど、1位指名したのは 白

まとめ

いかがだったでしょうか?

阪神ドラフト2016予想選手についてまとめていきました。

金本監督になってスカウトにも注文を出しているということが、和田前監督と真弓前監督時代と違うところでもありますよね。

去年2015シーズンオフのドラフトでは6選手獲得して、5選手が1軍に出場していることも今までの阪神と全然違うところでもあります。

2017シーズンの阪神は今季ほど若手にチャンスが多くまわってくることは減ると思いますので、即戦力選手、将来を見据えた選手にはっきり分かれいくのではないかと思ってます。

阪神ドラフト2016で獲得した選手が、1人でも多く1軍での出場を果たしてくれたらチームの底上げになるので、再建につなげてほしいですね。

今後、入団選手についてもまた迫っていきます~!

金本監督!頼んます~!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 阪神2017戦力分析・投手
  2. 阪神スタメンオーダー予想2018
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


阪神タイガース2018カレンダー

阪神2017のまとめ

baseball

カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪