阪神2017の開幕投手はメッセンジャー?先発ローテーション予想も

阪神2017開幕投手・先発ローテーション
阪神の新戦力や外国人補強も固まって、いよいよ2017シーズンに向けての負け返しが始まります。

2016年は「超変革」1年目ということで、いろんな若手選手が使われたのでこれまでの阪神にはない光景が沢山見れたので、Bクラスとはいえ見てて楽しいシーズンだったと思います。

でも、2017シーズンは糸井選手の補強もあって、結果が問われるシーズンとなるでしょう~!

となると、開幕スタメンオーダーや開幕投手に先発ローテーションが誰なのか気になりますね。

そんなわけで、今回は2017シーズンの開幕投手先発ローテーションを予想してみました~!

スポンサーリンク

阪神2017の開幕投手はメッセンジャー?藤浪?

阪神の開幕投手といえば、ここ2年間はメッセンジャー投手です。

毎年の成績を当然といえばそうですが、それだけではありません。

メッセンジャーは誰よりも開幕投手に拘っているんです。

開幕投手もそうですが、2013年のクライマックスシリーズの第1戦の先発に当時ルーキーだった藤浪投手が登板することになったときも、フロント陣ともめたみたいですね。。。。

とにかく「自分は一番手の先発」という意識が強いんでしょう

過去にこれだけ開幕投手に拘る投手も初めてだと思います。

気付けば球団歴代助っ人在籍記録更新ですから誰も文句はいえない感じではありますよね!

んで、2017シーズンの開幕投手についてなのですが、現状メッセンジャー投手が内定しているようです。

そろそろ藤浪だろ?

って声もありますが、今季の藤浪投手はご覧の通り不調なシーズンでしたからね。。。

2016年:7勝11敗/防御率3.25

ただ、どちらにしても藤浪投手はWBCにもほぼ選ばれることが決まっているので、時期的に2017シーズンの開幕投手は考え難いですね。

なので、開幕投手はやっぱりメッセンジャー投手でしょう~!

2017の開幕戦は広島カープ

2017年の開幕投手はメッセンジャーでほぼ確定ということなのですが、開幕戦は25年ぶりの優勝を果たした広島カープです。

広島カープの本拠地は「マツダスタジアム」

ここはメッセンジャー投手が苦手とする場所です。

2016年はマツダスタジアムで2試合登板しているんですが、

なんと

防御率10・24

広島戦で合計3試合登板されていますが、1勝1敗に防御率12・46というメッセンジャー投手からすればありえない相性の悪さです。

という嫌なデータがあるので、開幕戦から先発ローテーションを相性を重視した並びにするかもしれないという方針もあるようですね。

と考えるとサプライズで岩貞投手ある?

面白い選択だと思います。

ほぼ、メッセンジャーが2017年の開幕投手ですけど、サプライズ好きの金本監督なのでもしかしたら意外な選択をするかもしれませんね。

スポンサーリンク

阪神2017の先発ローテーション6人を予想!

阪神の先発ローテーション予想についてまとめてみました~!

といっても4~5人はほぼ決まっていますが(笑)

一応こんな感じで並べてみました~

1番手・メッセンジャー

内定の通り1番手(開幕投手)はメッセンジャー投手でしょう~!

開幕戦が相性の悪いマツダスタジアムなので、心配な声もありますがやってくれると信じたいですね。

不要にコントロールを乱すときが危険かなと^^;

調子の良いときは相手からすると、手の打ちようがないくらいの内容なので開幕戦にそうなって貰えると心強いですね!

ランディ・メッセンジャー投手が、2017年の契約を更改しましたー! これで阪神在籍8年目となり、ジーン・バッキー投手やジェフ・ウィリアムス投手の7年を抜き、歴代外国人選手

2番手・能見篤史

一時は中継ぎ転向の噂もありましたけど、2017年も先発が決まっています。

特に能見投手はマツダスタジアムの相性がいいので開幕三連戦のどれかには入る可能性は高いと思います。

それに、通算100勝まであと8勝です!シーズン初戦に勝ち星をとって2017年には達成してほしいですね!

能見投手の2017シーズンは中継ぎ? ここ近年は何かと中継ぎにいった方がいいんじゃないかという声がありました。 とはいっても2009年からブレイクした能見投手ですが

3番手・岩貞祐太

2016年に見事ブレイクして本当にです。

メッセンジャー同様にマツダスタジアムの相性が悪いので、ずらして4戦目以降の方が良いかなっていうのもあります。

でも、ブレイクした翌年なのでスローガンの「挑む」という意味でも苦手意識を序盤に払拭すれば後々戦いやすくなりますので3戦目は岩貞投手で!

2016シーズン、まさに“覚醒”という表現がぴったりハマった岩貞祐太投手。 プロ3年目ですが、ようやくシーズンを通して活躍してくれました。 今シーズンに関しては見て

4番手・藤浪晋太郎

チームの№2の投手は、基本2カード目の初戦にもってくるのが基本ですよね。

侍ジャパンが終わってからになるので、調整的にもここが無難かなという感じです。

序盤でコントロールに苦しんで自爆はしないように祈ってます!

ダルビッシュ投手との自主トレの成果を侍ジャパンから楽しみですね。きっと体重も100キロに到達してるはずだから!

今回は阪神のエース候補、藤浪晋太郎投手について取り上げます。 2012年、大阪桐蔭高エースとして甲子園春夏連覇を果たし、その年秋のドラフト1位で入団した藤浪投手。 もう

5番手・青柳晃洋

2016年の活躍はお見事でした。

とはいってもプロ1年目で4勝5敗防御率3.29は本人も全然満足していないはずなので、シーズン通してローテーションを守りきってほしいですね。

そうなれば2桁勝利は見えてくるので期待したいです。

たまにとんでもない所に投げたりするのでそこは修正してほしいなと(笑)

2015ドラフト5位で阪神に入団した青柳晃洋投手。 2016シーズンはルーキーイヤーだったにもかかわらず先発ローテにも食い込み、新人としては十分な活躍を見せてくれました。

6番手・横山雄哉

金本監督が期待しているのが横山投手です。

結婚もされて2017年で3年目を迎えるわけですが、ドラフト1位の意地を見せてほしいですね。

故障で計算外となってましたが、先発候補について調べてみると残り1枠は横山が入ってくるのかなっていう感じします。

今回は、2017年開幕ローテ入りが期待される横山雄哉投手を調査してみました。 横山投手は、2014年ドラフト1位で、社会人野球の新日鉄住金鹿島から阪神に入団。 ちなみに

阪神タイガース 2017年 カレンダー

まとめ

以上、阪神2017の開幕投手と先発ローテーション予想についての記事でした。

開幕投手はメッセンジャー投手が内定しているかもしれませんが、先発ローテーションについてはキャンプとオープン戦も結果次第でまだまだわかりませんね。

メッセンジャー
藤浪晋太郎
能見篤史
岩貞祐太

この4投手は確実先発ローテーションに入ってくるでしょう

個人的にはルーキーの誰かが開幕ローテに入ってきてほしいなと思ってます。、

野球はほぼ先発投手で決まるので、残りの2枠が決まったとしても代わりがいる状態じゃなくて、その投手しかいない何かの武器を見せつけて欲しいですね!

阪神2017の開幕を心待ちしています~!

先発投手陣!
頼んだぞー!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 阪神2017戦力分析・野手
  2. 阪神2017戦力分析・投手
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


阪神タイガースグッズ情報2017

阪神2017のまとめ

baseball

カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪