阪神2017補強!FA・助っ人新外国人獲得の噂をまとめてみた!

阪神2017補強・FA新外国人
阪神タイガース2017シーズンの補強の時期がやってきました~

金本監督は野手については、福留選手以外は競争させるはずなので場合によってはスタメンもガラッと変わっているかもしれませんね。

超変革を掲げた金本阪神1年目は、ほとんど補強はありませんでしたが、助っ人新外国人を含めた補強は必要になってくることも公言しています。

確かに、2016シーズンのチーム打率と盗塁はリーグワースト、鳥谷選手やゴメス選手といった主力の不調が目立ったので、そういう意味では補強が必要になるのは納得ですね。

どれだけ若手を育てても中軸からベテラン選手が機能しないと優勝争いは難しいといえるでしょう。

さて、阪神2017のFA助っ人新外国人獲得の噂はいろいろ流れていますが、どうなっていくんでしょうか?

獲得を狙っている選手を順に紹介していきます~!

スポンサーリンク

阪神2017補強!FA選手は外野手一本?

阪神2017のFA補強についていろんな選手が噂されていますが、福留選手が一塁にコンバートされる可能性が高いということで外野の2枠を補強ポイントとして考えているのではないでしょうか?

楽天・嶋捕手をFA調査という報道もありましたが、すでに阪神側が断念されいますのでFA補強候補はこちらの選手に絞られています。

糸井嘉男・オリックス

糸井嘉男・阪神
阪神の2017FA補強として大本命と言われるのが、糸井選手です。

冒頭であげたように、2016の阪神の盗塁はリーグワーストの「59」に対して、糸井選手は個人で「53」ですからね。

あと、長打力も大きな魅力で阪神の穴を埋めてくれる選手となりますよね。
年齢的には来シーズンで36歳を迎えますが、この身体能力を見る限りまだまだ衰えは感じさせませんので3シーズンは一線級で活躍できるのかなというイメージはあります。

難点をいうなら左バッターなので甲子園の浜風でライト側の打球が戻されて苦しむことかなと、金本監督の現役時代や、福留選手も長打が魅力ですが、この浜風に泣かされたことは何度もありましたからね。
糸井選手自身もシーズン通して本塁打が20本まで到達したことありませんので、本拠地が甲子園となるとホームラン数は確実減っていくことが予想されます。

阪神か、巨人か、ソフトバンクかって感じですね。

阪神が獲得できれば、ライトは確実決定でしょう~!

追記:糸井選手が阪神に入団決定!

陽岱鋼・日本ハム

陽岱鋼・阪神
陽選手は台湾に家族がいるということで、移動的にも年俸的にもソフトバンクが有力視されていますが、阪神からすれば走攻守揃って、しかも右バッターで長打が打てる外野手となれば獲得調査に動くのも無理はありませんね。

これも今シーズン江越選手が活躍すれば、こういう話にはならなかったかもしれませんが、万が一陽選手が阪神に加入したら

センター:陽岱鋼
レフト:高山
ライト:福留

っていうことで、一塁には助っ人外国人で福留選手がライトで使われるのかなと予想されます。

陽選手が阪神に来るとは個人的には思えませんが。。

平田良介・中日

平田良介・阪神
FAの目玉選手で注目されるのが平田選手ですね

年俸などで落合GMとの確執もあるので、FA権行使して移籍の可能性は十分にあります。
平田選手が阪神にFA移籍した場合は、糸井選手と同様にライトとなるでしょうね、長打に俊足に強肩を持っているので阪神のライトでも十分な活躍ができることでしょう。

大阪桐蔭出身ということで、後輩の藤浪投手、先輩の西岡選手と岩田投手もいますので何かと大阪桐蔭組の話題にもなるのかなと。
中日は森新監督となってどういう交渉ができるか要チェックですね。

大島洋平・中日

大島洋平・阪神
平田選手に引き続き、大島選手を合わせてダブル獲得調査してるということです。

ただ、ライトに平田選手、センターに大島選手を仮に獲得した場合のファンの反応は「え?また補強頼み?」ってなることは明らかですよね。
阪神の一番の目的は打線強化なので、糸井選手、陽選手、平田選手のように一発がる選手を優先しているはずです。

大島選手もアベレージヒッターに守備面も一流ですが、糸井選手などの獲得が上手くいかなかった場合の保険的要素としてみているような印象はあります。

以上の4選手が阪神2017のFA補強候補なわけですが、全ての選手が外野手でどの選手も走攻守揃っているとうところが共通点ですね。
補強が上手くいっても獲得は1枠になるのかなと。

仮に外野で2枠を取るとなれば、同時に金本阪神の2年目は優勝を義務付けられることになり、生え抜き外野手の成長がまた遅れます。

まぁ、金本監督に限ってそれはないと思いますが、これまでの阪神球団側の思考がそうだったけに、少し心配はありますよね。

スポンサーリンク

阪神2017補強!助っ人新外国人は?バレンティン獲得ある?

阪神2017の助っ人新外国人の補強についても色々報じられていますね。

既に10選手程リストアップされているんだとか。

ヘイグ選手が機能しなかったことで、野手のポジション的に一塁、三塁、外野で検討されてると思われます。

サプライズでヤクルトを退団になったバレンティン選手の獲得に動いているという噂もありますが、助っ人新外国人の補強候補はこちらの選手です。

ウラディミール・バレンティン

バレンティン・阪神
阪神は過去にバレンティン選手の獲得に動いてた時期があります。

2012シーズンオフに契約が切れたときの話ですが、その時は結果ヤクルトに残留して翌年にシーズン60本塁打記録をマークしたということで阪神からしたらもったいなかったなと、、、

賛否両論ありますが、個人的にはバレンティン選手の加入は反対ですね。
あの広い甲子園でバレンティン選手がレフトを守っていることを想像するだけでも危険かなって。試合中でも集中力が欠けることも目につきますし、当時のマートン選手のようにベンチの空気も悪くなる可能性がありますからね。

金本監督が全力でプレーしない選手を使うとは思えませんが(^-^;
というわけで賛否両論あるなかでバレンティン選手が阪神に移籍することは賛成はできないですね。

エリック・テイムズ

エリック・テイムズ・阪神
阪神の有力外野手として、韓国球界で活躍したエリック・テイムズ選手の獲得を調査しています。

韓国リーグでは2年連続で40本塁打を記録するほどの大砲で阪神加入となれば4番最有力候補となりますね。

ゴメス選手の去就によっても変わってきますが、広い甲子園でもテイムズ選手であれば十分30本塁打は期待できるので獲得してほしいなと思います。
とくに韓国人の大砲が日本に来た1年目は比較的活躍すると事例があるので、同リーグで結果を残したテイムズ選手はある意味メジャーからくる選手よりも期待できるのかなという印象はあります。

カルロス・ゴメス

カルロス・ゴメス・阪神
阪神ゴメス選手の去就がいろいろ言われていますが、現役メジャーリーガーのカルロス・ゴメス選手を獲得に動いています。

間違いなく4番候補なわけですが、阪神のチーム打率は12球団最低で、本塁打数も広島が153本に対して阪神の90本は甲子園が広いとは言え少なすぎるので、カルロス・ゴメス選手が加入すると一気に得点力アップの期待ができますね。

基本的に阪神は守りの野球が中心ではありますが大砲が居ないことは毎年の特徴のように思えますので、この選手の獲得については阪神もかなり本腰を入れているようです。

大砲の外野手は守備に難がある選手が多いですが、カルロス・ゴメスは守備においても高評価を得ているところが本当に魅力的かなと思います。

FA選手とカルロス・ゴメスを獲得すると、高山選手以外の外野手の出場が一気に激減することになるのでそこが気がかりですね。

アレックス・ゲレロ

アレックス・ゲレロ・阪神
2016シーズン途中から調査されていたのが、アレックス・ゲレロ選手。

ゲレロ選手は2014年にメジャーデビューして、翌年には月間最優秀新人を獲得しています。2016シーズンにドジャースを自由契約になっていますが、大砲候補としてリストアップされていますので、カルロス・ゴメスの獲得が無理だった場合にはゲレロ選手の加入が考えれます。

阪神2017の新外国人助っ人に関してはとにかく大砲に拘っているのが特徴的ですね。
日本人投手の制球力に対応できるかが、不安視されるところはありますが、まずは得点力アップを重要視といったところでしょうか。

ネフタリ・フェリーズ

ネフタリ・フェリーズ・阪神
阪神が補強すべきとこは野手ですが、個人的には中継ぎから抑えだと思っています。

ということで、パイレーツでセットアッパー、ネフタリ・フェリーズ投手の獲得に向けて動きがあります。

フェリーズ投手は阪神の抑え候補として調査が進んでいるわけですが、マテオ投手の残留が決まっているので入団が決まると勝ちパターンのセットアッパーか、マテオ投手の調子次第は抑えもあるのかなという感じですね。

最速154キロということで球速はありますが、被本塁打が多いというのは心配ではあります。

呉昇桓投手クラスの活躍は期待できるということですが、全盛期の藤川球児投手のような絶対的守護神がやはりほしいですね。

というか、他の球団を見てもあの当時の球児クラスの抑えっていないですが、阪神の守護神はそれくらいのレベルを求めたいところです。

できれば阪神の抑えは松田投手になってもらいたいけど、まだ時間がかかるかもしれませんね。

とりあえず阪神の中継ぎから抑えの補強は必須なので、どこのポジションよりも拘るべきじゃないかなとは思います。

新外国人補強に「キャンベル」と「メンデス」が阪神に入団決定

2017年の新外国人はキャンベル選手とメンデス投手が決まりました。

各選手の記事についてはこちらからご覧ください~!

阪神が、2017年の新たな大砲候補として獲得を目指していた、MLBニューヨーク・メッツ3Aのエリック・キャンベル選手と契約合意に達しました。 今オフ、ゴメス退団でポッ
阪神が、2017シーズンの新外国人投手として、レッドソックス傘下3Aのローマン・メンデス投手をリストアップしているとの情報をキャッチしました。 1990年7月25日生まれ

まとめ

阪神2017の補強としてFAや助っ人新外国人獲得の噂についてまとめました。

金本阪神1年目は、どれだけ厳しい環境で戦っていたのかが試合を見ればわかりますが、何よりも阪神ファンのほとんどが64勝76敗の4位でも納得していることが金本監督と選手は相当なプレッシャーとなるでしょう。

つまり、これは2年目にある程度の形を残さないと1年目のおとなしかった阪神ファンの反動が2年目に爆発するということです。

これまで生え抜き野手が育たない原因はフロントにありますが、ファンの強烈なヤジで生え抜きの成長よりも目の前の勝利を優先してしまったことも原因にあると思ってます。

個人的には金本阪神3年目に優勝争い出来たら上出来なのかなと。

2017シーズンの補強もされていくでしょうけど、生え抜きの若手が7割くらい占めて優勝できる戦力に近づけてほしいですね。

若手が中心となって、中軸ベテラン選手がバランスよく穴埋めできるようなチーム再建を期待します~!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 阪神2017期待の若手投手
  2. 阪神2017戦力分析・野手
  3. 伊藤隼太・トレード
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


阪神タイガースグッズ情報2017

阪神2017のまとめ

baseball

カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪