阪神2017が強い理由は?優勝の可能性についてもまとめてみた!

阪神2017・優勝

阪神2017は強い!

金本阪神1年目は「超変革」をスローガンに掲げ若手育成を中心にチームの再編成した結果4位。

2年目となる2017シーズンは「挑む」のスローガンを掲げて若手の台頭で

黄金期復活?

の予感も感じますね。

2016シーズンの我慢が十分に生かされているんじゃないでしょうか?

頼むから9月に失速しないで!

というわけで、勝負の9月までまだまだ先は長いですが

阪神2017が強い理由と優勝の可能性や「今年のタイガースは今までとは違う!」といったポイントを紹介していきます!

スポンサーリンク

阪神2017が強い理由について!

阪神2017が強い理由はやはり、


若手の台頭
中継ぎ陣の安定
ベテランの存在感

大きく分けるとこの3つかなと。

若手野手でいうと、2016シーズンから期待された北條選手、高山選手、原口選手は当然ですが、

中谷選手糸原選手の存在が個人的にも大きいですね。

特に中谷選手の長打力は魅力的ですね。レストには高山選手、ファーストには原口選手がいるので3選手ともポジション固定はまだ難しいかもですが、シーズン通して出場できれば軽く20本塁打、もしくは30本塁打は放ってくれそうですから。

あと、近年不安定だった中継ぎ陣の安定感が2017年の強い阪神を大きく支えているのかなと。

ベテランについては、

さすがの福留選手
期待通りの糸井選手
見事に復活した鳥谷選手

この3選手が常に得点に絡んでいる印象があります。

つまり、若手の台頭といいますが、阪神の主力野手は福留選手糸井選手鳥谷選手になってくるのかという感じですね。

選手を固定しない

本来選手を固定したことに越したことはありませんが、現状の阪神においてはシーズン中での競争が効果的のような気がします。

とくに目立つのが、

二遊間を上本選手、北條選手、糸原選手、大和選手で状態の良い選手を優先的に使う

一塁を原口選手、中谷選手で状態の良い選手を優先に使う

外野は高山選手、福留選手、糸井選手に俊介選手、中谷選手が上手く融合

このように戦力を良い意味で固定できてないのが2017シーズンの阪神の強みなのかなとも思います。

つまり控え組の戦力が上がってるということにもなりますから。

有望株が多いだけに変な固定起用は避けて、調子のいい選手を優先的に使っていくことが2017の阪神にとって大事になってくるのかなという印象はあります。

中継ぎ陣の安定と桑原謙太朗の存在

桑原謙太朗投手は今や勝利の方程式の一角を担うようになりましたね。

JFK以降はリーグ屈指のリリーフ陣を誇っていたタイガースですが近年はわりと流動的な戦力でしたから。

2016年はマテオ投手、ドリス投手、FA加入の高橋投手、復帰した藤川投手と頭数は揃いましたがJFKのような鉄壁なリリーフ陣ではありませんでした。

しかし、2017年はドリス投手がクローザーに定着。桑原投手、岩崎投手など新しいリリーフも加わり現在では12球団随一の成績を挙げています。

特に2016年戦力外候補であった桑原投手の台頭は目を見張るものがありますね。

ストレートは150キロオーバー。

持ち前の大きく曲がるスライダーに今年は小さく曲がるスライダーを武器にコーナーを突くピッチング。2016年までの曲がりすぎて見切られるスライダーと制球難だった桑原投手とはもはや別人です。

開幕からの快進撃のMVP候補と言っても過言ではないと思います。

桑原謙太朗は結婚して嫁いる?戦力外の噂から覚醒?評価をチェック 

梅野隆太郎の成長?

梅野選手はルーキー時代からマスクを被り「打てる捕手」として期待されていましたが近年は低迷していましたが、2017年シーズンようやく梅野選手が正捕手候補に近づいていますね。

梅野隆太郎(阪神)が結婚!嫁は誰?父のイケメン画像や弟も調査! 

打てる捕手⇒原口選手
守れる捕手⇒坂本選手

そして、梅野選手は両方のバランスが取れているのが正捕手に近づいている一番の理由なのかなという印象があります。

あと、何といっても強肩が魅力的ですね。

それにインタビューを聞いてても貫禄も出ているような感じもしますので意識も相当変わったんだなと思います。

2016年の原口選手と坂本選手の台頭が梅野選手に更なる危機感を与えたかもしれませんね。

阪神2017の正捕手は?原口・梅野・坂本の評価や戦力分析を調査 

野村克也氏も梅野選手を高く評価してることも自信になっているんじゃないでしょうか。
岡崎選手との併用は現状仕方ありませんが、近い将来矢野さんのような存在になってくれることを期待したいですね。

スポンサーリンク

優勝の可能性は?

ファンとしては、やはり優勝の可能性について何か気になる方も多いでしょう。

優勝するには広島カープとの直接対決の負け越しできなくなってきます。

ベテラン黒田投手が引退したとは言え広島はもはや優勝候補筆頭でその実力は本物。

以外だったのが巨人で既に優勝は難しい状態。

どう考えても広島との一騎打ちになるのかなと。

タイガースは投手陣は安定感しているものの、捕手陣は経験が浅い選手がほとんどで野手も多くはレギュラー経験も少ない選手ばかりです。

ベテランの疲れがたまる夏以降に若手選手がどれだけ奮闘するかが勝敗の分かれ目になりそうです。

9月=失速

のイメージが強いだけに控え選手のコンディションも大きく変わってくるのかなと。

ただ、2017シーズンはレギュラー組と控え組の差はそんなにあるとは思えませんし、中継ぎが非常にいいのでこれまでのような失速はないだろうと信じています。

優勝の可能性については8月後半までに広島と阪神がどんな差になっているかわかりませんが、仮に阪神が2位だったとして5ゲーム差以内なら十分に優勝する可能性はあると思いますし、仮に1位で9月を迎えることがあるとすれば、戦力的には広島と五分五分といっても過言じゃないのかなと。

2017シーズン阪神が優勝する可能性は100%!

といいたいところですが、

広島が強すぎるので、、、

9月の失速がなければ最後の最後まで優勝争いすることになるでしょう。

何かチームの雰囲気が2003年のような勢いも感じるだけにこのまま突っ走ってほしいですね。

まとめ

前回の優勝時から延々と言われていた若手の台頭がついに実現しました。
10年と少し、、長かったです、、

2017年、仮に優勝は難しくても1年後、2年後には間違いなく優勝できるチームになってる雰囲気があります。

若手の生え抜きが中心となるわけですから今の広島のようにある程度長期の黄金時代がくるのではないかと。

個人的には2000年代後半からタイガースを応援しつつも優勝は無理だろうな、、という感じでしたが2016年辺りからじわじわと本当に強いチームになっていくなという感じ選手の数字を追うのがとても楽しみです。

このまま突っ走って2005年以来ののリーグ優勝、1985年以来の日本一になってもらいたいですね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 阪神2017期待の若手投手
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


阪神タイガースグッズ情報2017

阪神2017のまとめ

baseball

カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪