阪神2017逆転優勝の可能性は?メンドーサやキーマンは誰?

阪神・逆転優勝

2017年シーズンも終盤へ突入し、2位の位置につけ、逆転優勝の可能性を残している阪神タイガース。

2017年シーズン序盤から、首位の広島カープとセ・リーグ優勝を争っており、一時は最大ゲーム差10以上空けられていたのですが、終盤にきてゲーム差1桁となってきており、ファンも逆転優勝の期待で盛り上がってきています。

今回はそんな阪神タイガース2017逆転優勝の可能性や緊急補強したメンドーサについて。

そして、逆転優勝のキーマンなど、阪神タイガースについていろいろと書いていくのでご覧ください!

スポンサーリンク

阪神2017の逆転優勝の可能性について

現在セ・リーグ2位の位置をキープしている阪神タイガース。

2017年シーズンも終盤を迎え、阪神の逆転優勝について注目したくなりますね。

まず結論から言うと厳しい状況ではありますが、逆転優勝は十分可能じゃないのかなと。

現在首位の広島カープは4番を務めていた鈴木誠也選手の怪我による離脱で、攻撃面で大きな痛手を負っており、チームの打撃は下降気味となっているんですよね。

もちろん阪神タイガースも怪我人が続出しており、たいへんなチーム事情なんですが、元々打撃に非出たチームではありませんし、糸井選手など怪我から復活して好調を維持しているので、打撃面でも食らいついていけるのではないでしょうか?

投手の面では、広島カープより阪神タイガースに分があると思うので、このあたりはあまり心配しなくて大丈夫だと思うんですが、それでも最近阪神タイガースの中継ぎ陣は、登板過多が目立つので、工夫をしていかないとダメかも知れませんね。

阪神タイガースは投手陣の奮闘で現在の順位があるといっても良いぐらい、シーズン当初からフル回転し、今があるので投手陣が崩壊すると逆転優勝は厳しくなるでしょう。

あとは追うものと追われるものとでは、精神的にも違うので、追う側の阪神タイガースとしては、勢いで追っていけると思うので、精神的にも優位に進めていけるのではないでしょうか?

それでも広島カープは、昨年の優勝でかなり熟成されたチームとなっており、逆転優勝は厳しいかも知れませんが、阪神の勢いも見てみたいものですよね。

9月5日からの広島三連戦が天王山となるので、これ3つ勝てば本当に逆転優勝に現実味が出てくるでしょう。

メッセの離脱が痛いな、、、

スポンサーリンク

メンドーサの加入!メッセの状態はどう?

逆転優勝に一縷の望みをかける阪神タイガース。

そんな阪神タイガースがシーズン終盤にきて、日本ハムからメンドーサ投手を緊急補強!

何故メンドーサ投手の緊急補強に至ったかと言いますと、エースメッセンジャー投手の怪我による離脱で、先発投手陣が駒不足となりメンドーサ投手の獲得に至りました。

メンドーサ投手は2014年日本ハムファイターズに加入し、外国人特有の動くボールで打たせてとるといったスタイルで、安定した成績を残しています。

ただ2017年シーズンに至っては、好不調の波が激しく、3勝7敗と大きく負け越し、日本ハムの来期の構想から外れてしまい、阪神タイガースが獲得に乗り出しましたというわけですね。

しかし、元々が安定した投球をしているので、阪神タイガースの逆転優勝にはもってこいの投手のかなと。

そして先日の試合中に打球が当たり、右足の骨折で戦線を離脱しているメッセンジャー投手なんですが、現在アメリカで手術を受け、日本に帰国し、リハビリを行なっています。

メッセンジャー(阪神)が残留で年俸が凄い!国内FA?嫁や家族は? 

ただ、メッセンジャー投手はやる気満々で、右足にギブスをつけながらキャッチボールをするなど精力的に動いているんですよね〜。

そして本人曰く「レギュラーシーズン終了までに2試合ぐらい登板できるんじゃないか」と言っており、苦しいときにエースの復活もあるかも知れませんね。

やはりメッセンジャー投手は今シーズンもシーズン途中ではありますが、11勝を挙げ貯金6を作っているチームのエースなので、早期の復活が待たれます。

CSまでの復活を目指しているので何とか間に合ってほしい!

キーマンは誰?

逆転優勝へ向けチームの士気も高まってきている阪神タイガース。

そんな阪神タイガースが逆転優勝するためのキーマンを挙げてみました。

藤浪晋太郎

この人の復活なしでは阪神タイガースの優勝もあり得ないのではないでしょうか?

将来の日本のエース候補藤浪晋太郎投手。

高校時代から注目を集め、阪神タイガース入団後も1年目から二桁勝利をあげるなど、将来のエースとして期待されてきました。

しかし2017年シーズンはコントロールが安定せず、四死球が非常に多く、自滅するといったパターンを連発し、プロ入り初の2軍落ちとなっています。

現在は1軍に上がっており、試合でも投げてるのですが、まだピリッとしないのが現状で、藤浪投手の進化が待たれるところでしょう。

藤浪晋太郎はデッドボールが多い!荒れ球の理由や被害者リスト一覧も

糸井嘉男

2017年FA加入によりオリックスから阪神タイガースへ入団した糸井嘉男選手。

彼もまた2017年シーズンの優勝には欠かせないキーマンで、シーズン当初からチームを牽引してきました。

しかし、シーズン中盤に右脇腹を負傷し、1ヶ月近くチームを離れることとなったのですが、復活を遂げてからは好調を維持しており、阪神タイガースの逆転優勝には間違いなく欠かせないキーマンだと思いますね。

大山悠輔

2016年ドラフト1位で阪神タイガースへ入団した大山悠輔選手。

当時のドラフト会議で金本監督が1位指名したときは、会場がどよめき、ブーイングも起きたほどでした。

開幕こそ1軍入りはできなかったものの、6月中旬には1軍入りを果たし、今ではルーキーとは思えないほど、バッターボックスでの落ち着きを放ち、勝負強いバッティングで時にはチームの4番を打つほどの選手となっています。

そんな大山悠輔選手は阪神タイガースのキーマンであることに間違いないでしょう。

こんな大事なときにクリーンアップを任されるのも金本監督らしいですね

大山悠輔(阪神)の兄や家族は?出身中学や高校大学時代の成績も 

岩崎優

2013年ドラフト3位で阪神タイガースへ入団した岩崎優投手。

入団1年目から先発ローテーション入りを果たし、140キロ前後のストレートなんですが、わかっていても打てない直球を武器としています。

しかし何故か5回ぐらいに捕まるケースが多く、2017年シーズンから中継ぎへと配置転換となりましたね。

これが功を奏し、好不調の波はあるものの、シーズン途中ではありますが、52試合に登板し防御率2.41と安定した成績を残しています。

前半はぴりっとしませんでしたが、負けてる試合、勝っている僅差の試合、両方ともに登板し、フル回転しているのでこのままの調子を維持してほしいですね。

岩崎優(阪神)は中継ぎ転向で能力はどう?彼女は?母と兄弟も調査 

まとめ

ここまで阪神タイガースの逆転優勝について、いろいろと書いてきましたがどうでしたか?

2017年シーズンも終盤戦へと突入しているプロ野球ですが、セ・リーグは広島カープが首位に立ち、阪神タイガースが追いかける展開となっています。

シーズン中盤を見ていると広島カープが独走するのかと思われていたのですが、終盤にかかり広島に少し疲れが見え、阪神タイガースが巻き返してきました。

この勢いのまま阪神タイガースが奇跡の逆転優勝を祈ってます!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 阪神戦力外2017-2018
  2. 阪神2017・優勝
  3. 阪神2017期待の若手投手
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


阪神タイガース2018カレンダー

阪神2017のまとめ

baseball

カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪