阪神2018スタメンオーダーを予想してみた!開幕投手と先発ローテは誰?

阪神スタメンオーダー予想2018

2017年シーズンを2位で終えた阪神タイガースですが、1位の広島カープとは10ゲーム差をつけられ、かなりの実力差を感じるシーズンとなりました。

やはり阪神としては、期待していた選手達の不調などが大きく響いた結果ですよね。

今回はそんな阪神タイガースの2017年開幕のスタメンオーダーを振り返り、2018年開幕スタメンオーダーを予想!

そして、開幕投手、先発ローテーションも予想していくので、是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

阪神2017のスタメンオーダーの振り返り

こちらが2017年シーズン開幕スタメンオーダー!

1番:髙山俊(左)
2番:上本博紀(二)
3番:糸井嘉男(中)
4番:福留孝介(右)
5番:原口文仁(一)
6番:北條史也(遊)
7番:鳥谷敬(三)
8番:梅野隆太郎(捕)

やはり目玉となるのが、FAで獲得した糸井選手を中心に、2016年新人王の高山選手、キャッチャーとして勝負強いバッティングをした原口選手のファーストコンバート、鳥谷選手からショートの座を奪った北條選手ですよね。

しかし、このスタメンオーダーで戦っていたのは、シーズン開幕10日ほどだけで、まず北條選手が極度の不振でスタメン落ち、代わりにルーキーの糸原選手が出場し、レギュラー獲得となりそうなところだったんですが、不運な怪我で2軍行きとなり、最終的には大和選手で落ち着きました。

そして、高山選手も打てない日が続き、中谷選手と併用となり、最終的には中谷選手がレギュラーに近づき、原口選手もファーストとなれば打撃が求められ、気負いすぎたのかフォームを崩し、途中で加入したロジャース選手やルーキー大山選手にポジションを譲る形となっています。

やはりこうして振り返ってみると開幕スタメンに名を連ねたからといって、レギュラー獲得したとは言えないシーズンでしたね。

2017年シーズンもほとんどの選手を固定できておらず、固定できていないと言うことは成績が上がらない選手が多かったと言うことなので、走力を合わせるとその辺りが首位広島カープとの大きな差なのかなと。

阪神2018スタメンオーダー予想

2017年シーズンの活躍を考慮し、2018年開幕スタメンオーダーはこのように予想しました。

1番:糸井嘉男(右)

2番:糸原健斗(遊)

3番:福留孝介(左)

4番:ロザリオ(一)

5番:大山悠輔(三)

6番:中谷将大(中)

7番:鳥谷敬(ニ)

8番:梅野隆太郎(捕)

※コンバートや金本監督の発言のため変更

まず1番に糸井選手は勿体無い感じはしますが、中軸を任せられる若手が育ってきてるだけに糸井選手が先頭打者にいることで相手は脅威ですよね。

なにより阪神に足りない走力を持っていますし、一発もあるので怖い1番バッターだと思います。

そして2番バッターは糸原選手。
正直このポジションは北條選手や大和選手が移籍しましたし、2017年の糸原選手を見ていると、やってくれそうです。

西岡選手も今シーズンは元気なので、一騎打ちになりそうな予感も。

CHECK!糸原健斗(阪神)の彼女は?評価はどう?出身中学と開星高校時代も

3番バッターは福留選手。
まぁ福留選手はベテランなので、高山選手との併用でも良いですよね〜。

今のところ福留選手を退ける若手がおらず、2018年シーズン終盤には、3番に福留選手ではなく、若手が入っているのが理想。

CHECK!福留孝介は一塁にコンバート?通算年俸と成績が凄い!嫁もチェック!

そしてチームの中心4番バッターですが、プロ2年目の大山選手に期待していましたが、すでにロザリオ選手の4番が金本監督の声から発表されてましたね。

なので、大山選手には近年の4番を期待したいです。

そんな4番バッターには待望の大砲であるロザリオ選手

CHECK!ロザリオ(阪神)の韓国とメジャーの成績は?守備の評価と年俸も

阪神は2年連続で新外国人助っ人で失敗しますが、ロザリオ選手は韓国リーグでの実績もありますし、メジャーで71本塁打はかなり期待できますね。広い甲子園でも30本塁打はいってほしいところ!

パワーだけじゃなくて考えて打つというクレバーな面もあるので、日本人投手特有の外に逃げるスライダーにも対応できるのかなという印象があります。

相手捕手の心理、審判のストライクゾーンもしっかりと考えているのは凄いですね。

そして、5番には大山選手。

三塁にコンバートされたからにはシーズン通して出場してほしいですね。

評価を見ても若手大砲候補の中でも一番期待されてるのがよくわかりますし、ホームラン打者の打球なのでクリーンアップとして使ってほしいです。

CHECK!大山悠輔(阪神)の兄や家族は?出身中学や高校大学時代の成績も 

6番バッターは、こちらも未来の大砲候補中谷選手。
彼が4番でも良いんですが、どうも打席での集中力と言いますか、調子の浮き沈みが激しく、今は気楽に打てる6番あたりがいいかなぁ?と思いまして。

CHECK!中谷将大(阪神)の彼女や結婚は?サードで覚醒する?守備の評価も

7番バッターは鳥谷選手。
まぁ鳥谷選手は2017年サードでゴールデングラブ賞を獲得しましたしたが、キャンプから二塁手に転向。

遊撃手と三塁手でゴールデングラブ賞を獲りましたが、二塁手でも獲って貰いたいですね。

広島の菊池選手が怪我でもしない限り険しいとは思いますが・・・

でも大山選手の三塁は打撃を考えたら正解だと思いますし、鳥谷選手も三塁より二塁の方が向いてるのかなと。

本人のインタビューを見ても二塁手の方がモチベーションが上がってるような気がします。センターラインを守りたいという気持ちもあるでしょうし、WBCでも守ってましたしね。

CHECK!鳥谷敬2017の成績予想!三塁はどう?打撃についても気になる! 

最後に8番バッターは梅野選手で。

こちらも迷いに迷いますよね。
坂本選手に再度捕手に挑戦する原口選手も居ますので。一番バランスがとれているのが現状梅野選手かなと。

CHECK!梅野隆太郎(阪神)が結婚!嫁は誰?父のイケメン画像や弟も調査! 

ただ、守備に関しては今のところ梅野選手が頭一つ抜けている感じがするので、その辺りを考慮し、開幕スタメンに入れました。

まぁここには出ていない俊介選手や上本選手ら中堅に、江越選手、高山選手、原口選手ら若手の有望株も沢山居るので、開幕スタメンを勝ち取っても少し不調となればなかなか我慢して使ってくれるだけの選手はまだまだ少ないので1人でも多く金本監督の信頼を得て欲しいですね。

個人的には中谷選手、高山選手、江越選手の外野3人が常にスタメンに名を連ねてほしいなと思ってます!

開幕投手は誰?

次は開幕投手の予想なんですが、過去の実績から見てもメッセンジャー投手で間違いはないのではないでしょう!

ここ数年は常にメッセなので、そろそろ開幕投手は日本人が良いかなは思います。

何せ藤浪投手がああいう状態だっただけに、他に開幕投手として考えられるのは現状秋山投手投手くらいかなと。
ただメッセの開幕投手の拘りと信頼感を見るとどう考えてもメッセになりますね!

なので、メッセンジャー投手に不測の事態がない限り、4年連続の開幕投手であることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

先発ローテはこの6人で予想

2017年シーズンは先発ローテの固定に苦労した阪神ですが、2018年先発ローテはこの6人になると予想しました。

①メッセンジャー
②小野泰己
③藤浪晋太郎
④秋山拓巳
⑤岩貞祐太
⑥青柳晃洋

まず先発1番手は開幕投手予想のメッセンジャー投手で決まりですよね。

CHECK!メッセンジャー(阪神)が残留で年俸が凄い!国内FA?嫁や家族は? 

2カード目の頭となる4番手には2017年大きく花咲いた秋山投手と予想します。
何せコントロールが試合を潰さない安定感は阪神の中でもピカイチ。

秋山拓巳が規格外!球速アップで先発ローテ?結婚の噂はどう? 

なので、そして3番手は復活が待たれる藤浪投手。
イップスだなんだと騒がれていましたが、彼の復活なしでは阪神の優勝はないと思いますし、間違いなく日本球界を代表する投手になれる器だと思うので、2018年は頑張ってほしいものです。

CHECK!藤浪晋太郎はデッドボールが多い!荒れ球の理由や被害者リスト一覧も 

続いて小野投手。
2017年シーズンはルーキーながら15試合に登板し、その経験がかならず生きると予想し、先発4番手として開幕投手2戦目辺りきてほしいですね。
彼の調子が良いときのストレートは一級品なので、期待しましょう。

CHECK!小野泰己(阪神)の彼女は?山本昌が絶賛で球速や変化球はどう? 

そして岩貞投手。
岩貞投手も2016年にブレークし、2017年シーズンは期待されていたのですが、結果が奮いませんでした。
それでも左の先発がコマ不足ですし、ストレートの球威さえ戻れば十分活躍できると思います。

CHECK!阪神・岩貞の契約更改2017は?年俸大幅アップ?WBC出場の噂も 

最後は青柳投手。
この投手もコントロールにかなりの難がある投手なんですが、変速投球ということもあり、最終枠に入ってきてほしいところ。

ストレートが増してますし、とんでもない暴投もそろそろなくなっていくことでしょう。
調子の浮き沈みを小さくすれば二桁勝利は見込める投手だと思います。

CHECK!青柳晃洋(阪神)は2017開幕ローテ?球種は?中学高校時代も 

以上が先発ローテ予想ですが、他にもベテランの能見投手や岩田投手、若手の才木投手や竹安投手などが控えているので、少しでも調子を崩すと先発ローテも入れ替えとなる可能性はあるでしょうね。

まとめ

ここまで阪神タイガースの2017年シーズン開幕スタメンオーダーを振り返りながら、2018年開幕スタメンオーダーや開幕投手、先発ローテーションなどを予想してきましがどうでしたか?

やはり2018年開幕スタメンオーダーもベテラン陣が名を連ねそうですよね〜。

もちろん若手の底上げもあるのですが、ベテランを追いやるまでの実力はまだない気がします。

投手に至っても開幕はメッセンジャーで決まりでしょう。

先発ローテも左投手不足となりそうで、2018年シーズンも先発陣が少し心配なところ。

それでも金本体制3年目の2018年シーズンは優勝を期待しましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 阪神戦力外2017-2018
  2. 伊藤隼太・トレード
  3. 阪神・逆転優勝
  4. 阪神2017期待の若手投手
  5. 阪神2018・年俸予想
    • 石もん
    • 2018年 2月13日

    【スタメン A】
    1番 糸井 右
    2番 植田 遊
    3番 大山 三
    4番 ロサリオ 一
    5番 福留 左
    6番 鳥谷 二
    7番 中谷 中
    8番 坂本 捕

    【スタメン B】
    1番 西岡 二
    2番 俊介 中
    3番 高山 左
    4番 ロサリオ 一
    5番 大山 三
    6番 糸原 遊
    7番 中谷 右
    8番 梅野 捕

    • 森山栄二
    • 2018年 3月27日

    阪神タイガースは、嫌いです。ローズ選手を取らなかったからです。高石さんも嫌いと言ってました。金本も嫌いです。阪神タイガースの試合は、見ません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


阪神タイガース2018カレンダー

カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪