阪神糸井の人的補償予想!期限はいつ?岩田と榎田はプロテクト漏れ?

阪神糸井・人的補償
オリックスから阪神に糸井選手のFA移籍が決まったことで、野球界は話題になっていますね。

金本監督も初めて自ら獲りにいった選手ということで”恋人”っていう表現をされてますが、自分が現役時代に星野さんに口説かれたことを思いだしていることでしょう~!

そして、気になるのが人的補償です!

簡単にまとめると、糸井選手の2016シーズンの年俸は、2億8000万円でFAランクでいうとBクラスに値する選手です。

阪神はオリックスに対して2つの補償を用意しないといけません。

①糸井選手の年俸に60%の金銭補償

②糸井選手の年俸に40%+人的補償

そして、オリックスが選択するのは②ということで、阪神からどの選手がプロテクト漏れするのか注目されているわけです。

糸井選手の入団以上にこのプロテクト問題がフォーカスされてる感があるのでさすが阪神ですね。

プロテクト漏れ候補に岩田投手と榎田投手も噂されていますが、実際のところどうなんでしょう?

ではでは、糸井選手がFA移籍することにより、人的補償、プロテクトのことが話題となっていますが、個人的な主観で色々と迫っていきます~!

スポンサーリンク

阪神プロテクト当確の28選手は?

冒頭で書いたように、オリックスは阪神から「糸井選手の年俸に40%+人的補償」を要求することになるので阪神は1名オリックスに渡さないといけません

そこで、この“プロテクト制度”があって28選手は囲えるということになります。

若手育成時期の安心にとって、28人しか囲えないっていうのは正直少ないですがルールなので仕方ありません。

なので、今回阪神がプロテクトリストに入るであろう28名はこちらの選手とまず予想します~!

プロテクトリスト・投手

阪神糸井・人的補償01
藤浪晋太郎、能見篤史、岩貞祐太、藤川球児、高橋聡文、金田和之、青柳晃洋、岩崎優、歳内宏明、横山雄哉、望月惇、石崎剛、松田遼馬、島本浩也、

野手が成長がよろしくない阪神ではありますが、投手は必然的に多めにプロテクトしないといけません。

高額年俸を貰っているベテランは基本的には狙ってこないと見られるので、能見投手と、藤川投手はプロテクトを外しても獲ってこないだろうっていう考えてもできます。

でも、オリックスの資金力なら狙ってくるという可能性もあるので、最悪なケースを考えて高額年俸組もプロテクトしておく必要があるかなという感じですね。

ただ、安藤投手がプロテクトを外しても年齢的にも、オリックスが足りてる右腕なのでまず獲得してこないという意味で予想では外しています。

1年目を終えた、竹安投手も本来なら入れておくべきですが、同じく右腕ということにまだ実績がないのでプロテクトを外しても安心かなと。

プロテクトリスト・捕手

阪神糸井・人的補償02
原口文仁、梅野隆太郎、坂本誠志郎

言うまでもなくこの三選手は外せないでしょう。

仮に一人でもプロテクトを外してしまうと、オリックスの捕手には伊藤選手という素晴らしい選手、成長著しい若月選手がいるわけですが、阪神はこれから正捕手が誰になるのかっていうところでこの三選手の競争なしは考えられません。

といっても3選手のプロテクトが限界なのも事実ですね。

プロテクトリスト・内野手

阪神糸井・人的補償03
上本博紀、北條史也、陽川尚将、植田海、西岡剛

内野手については、北條選手、陽川選手、植田選手は、外せないと思います。

オリックスから一番の即戦力は西岡選手ですが、怪我が多いのでシーズン通しての出場は期待できないのでプロテクトを外しても狙ってこないかなってのはありますね。

でも背番号も「7」から「5」に変更になって来季に向けての方針で話が進んでいるし、主力には間違いないので阪神側も万が一に備えてプロテクトは外せないでしょう。

仮に西岡選手が人的補償なら背番号譲ってチームも離れていくということはまずないかなと。

プロテクトリスト・外野手

阪神糸井・人的補償04
高山俊、福留孝介、大和、横田慎太郎、江越大賀、板山祐太郎

高山選手と福留選手は当然ですね。

というより、横田選手、江越選手、板山選手も外せるわけありません。大和選手だって内野としてもきっと併用されていくでしょうしこの6選手はプロテクト鉄板でしょう。

長打が期待される中谷選手も三塁と外野に併用でプロテクトしておきたいですが、他の選手の兼ね合いを考えると仕方がないといったところでしょう。

人的補償はいつ?

糸井選手の阪神入団が決まったと同時に人的補償を出さないといけませんが、このような流れで進行していきます。


糸井選手が阪神に支配下登録

阪神が2週間以内にプロテクト20選手をオリックス側に提出



オリックスが1選手を獲得(糸井選手が支配下登録された40日以内)

という流れになるので、

人的補償はいつ?

っていうことに対しては糸井選手の支配下登録日にもよりますが、人的補償が発表されるの事例でいうと年末付近になるので今回の阪神もこの期間になりそうですね。

スポンサーリンク

人的補償予想!オリックスは岩田と榎田をターゲット?

オリックスの投手陣でもっと不足しているのが中継ぎの左腕です。

2016シーズンも当初先発を務めていた、松葉投手、山崎投手、山田投手といった左腕がオリックスの投手事情によって中継ぎに回ることが増えて、先発・中継ぎのバランスが取れてないというか、中継ぎ左腕がウイーク ポイントとなっています。

糸井選手を失うのですから当然ながら弱点を穴埋めしたいわけです。

そこで阪神からプロテクトを外れるであろうといわれる
岩田投手榎田投手です。
糸井人的補償・岩田榎田

岩田投手はもともとは阪神のエース級で2008シーズンには二桁を挙げていますが、活躍したシーズンも多いですが負け数が少し多いのが気がかりでした。

それに金本監督が就任した直後でも先発ローテを明かされていましたが結果2016シーズンの成績は

6試合登板:0勝0敗防御率8.85

プロ1年目、2年目を省いて過去最低の成績です。

ウエスタンでは中継ぎとしてそこそこ数字を残して今に至るわけですから、もし岩田投手がプロテクトを外れた場合、中継ぎが欲しいオリックスからすれば目玉の存在になるんじゃないかなと思います。

ただ、2017シーズンの奮起に期待しているだけに阪神を去ることになれば残念でなりませんね。

あと、もうひとりの榎田投手

榎田投手といえば1年目、2年目は中継ぎとしてフル回転して、実績があります。

先発を務めたときもありますが、イメージ的には中継ぎ投手ですしプロテクトが外れた場合、オリックスが補強したい選手№1といってもいいかもしれません。

もちちん、阪神側も榎田投手を譲る気もないでしょうから難しい選択になりますね。

島本投手がいい感じで成長しているだけに、プロテクトを外せないでしょう~

というわけで阪神の中軸でプロテクトを外れるのは岩田投手、榎田投手が予想されますし、、オリックスの補強に一番マッチングしてる投手でもあるのでどうなっていくのか注目したいですね。

人的補償予想でいうと一番濃厚なのは、榎田投手の可能性が高いかなと。

人的補償が発表され次第追記していきます~!

追記:人的補償に金田和之が決定

オリックスは金銭補償ではなく、人的補償として金田投手を選びました。

誰かがチームを離れることは仕方ありませんが、金田投手がプロテクト漏れしてたのは意外です。

当初オリックスは左の中継ぎを狙っていましたが、いい投手となれば狙われていくのは仕方ありませんね。
金田投手はブレイクしそうな気配があっただけに残念です。

先発でも中継ぎでもやれる投手なだけにオリックスでは良い活躍を見せてくれることでしょう~

何か阪神を離れた選手が阪神戦で活躍するケースが多いので、交流戦はお手柔らかにお願いします(笑)

阪神タイガース・スマートフォンリング

まとめ

このように、糸井のような大型FA補強となると同時に寂しい人的補償も紐付けされるわけです。

新井貴浩選手が阪神にFA移籍したときには、赤松選手が広島カープへ

当時阪神の主力だった久保投手がFAの移籍して、鶴岡選手が阪神へ

まぁ、鶴岡選手はラッキーでしたね^^;

DeNAからしたら誤算だったと思いますが、今回阪神も同じようにならないよう祈ってます!

でも、阪神側からすれば主力選手か期待の若手を失うことが免れそうもありませんね。

岩田?
榎田?

それとも?

阪神のどの選手がプロテクト漏れして、人的補償となるのか注目していきます~!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 柳瀬明宏・坂井汐梨
  2. 中田翔・阪神
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


阪神タイガースグッズ情報2017

阪神2017のまとめ

baseball

カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪