【2019年・最新版】阪神スタメン予想!開幕投手と先発ローテも

阪神スタメン予想2019

金本監督の衝撃の辞任から矢野阪神が誕生

過去3年間でこれほど若手が起用されたことは事例ではありませんでした。

金本前監督が育てた若手のなかでもあと一歩でブレイクしそうな選手も多いので2019シーズンの飛躍に期待したいですね。

そんなわけで、2019シーズンに望む阪神のスタメンを予想!

また、開幕投手と開幕先発ローテも予想しました。

スポンサーリンク

【2019年版】阪神開幕スタメンオーダー予想・その1

1番:江越大賀(中)
2番:糸原健斗(二)
3番:糸井嘉男(右)
4番:新外国人(一)
5番:福留孝介(左)
6番:大山悠輔(三)
7番:植田海(遊)
8番:梅野隆太郎(捕)

2018シーズンの2軍を見ても江越選手の1番センターはありかなと思います。

もともと潜在能力の高さは一級品ということで、キャンプとオープン戦次第では十分にありえるかなと。高山選手と中谷選手が伸び悩んでいますからね。

2018年唯一全試合出場を果たした糸原選手は1番か2番が濃厚。

クリーンアップは糸井選手、新外国人、福留選手、もしくは大山選手になってくるでしょう。

福留選手を休めせるときに、誰が台頭してくるのかが楽しみです。

3番、4番、5番、6番が機能するなら当然センターラインは守れて走れる選手が優先されるので遊撃手には植田海選手が妥当かなと。

矢野監督いわく正捕手が決まったわけではないということですが、2018シーズン最下位でゴールデングラブ賞を獲った梅野選手がスタメンから外れることは考えづらいですね。

阪神スタメン予想2019・その1はこのように予想しました。

【2019年版】阪神開幕スタメンオーダー予想・その2

1番:高山俊(中)
2番:上本博紀(二)
3番:糸井嘉男(右)
4番:大山悠輔(三)
5番:福留孝介(左)
6番:新外国人(一)
7番:鳥谷敬(遊)
8番:梅野隆太郎(捕)

忘れてはいけないのが高山選手。

1年目以降苦しんでますが、掛布雅之さんも福本豊さんも口を揃えて高山選手の技術は高評価しています。守備に難がありますが、きっかけ1つで3割に15~20本塁打近く打てる選手でしょうしスタメン候補には間違いないですね。

セカンドは糸原選手が濃厚といえども、残留した上本選手の打撃は魅力的。

上本選手の開幕前は絶好調なときが多いので、膝の手術の影響や新たな怪我さえなければ可能性的には考えられます。

糸井選手の1番もありえそうですが、3番が妥当。

大山選手の4番はフロント、ファン共にもっとも期待してるポイントでしょうからオープン戦次第で開幕4番もなくはないかなと。後半から活躍するイメージが強いですが、シーズン通してポジションを守ってほしいですね。

虎の生え抜き4番ナンバーワン候補は大山選手以外イメージつきません(陽川選手もそろそろブレイクして欲しい。)

福留選手がスタメンにいるだけで打線の厚みが変わってくるので、現状で考えてもクリーンアップ以外考えにくいですね。40歳を超えて衰えが心配ですけど、代わりががいないのも事実。

新外国人は蓋を開けてみないとわからないことからオープン不調なら6番スタメンでもありえるかなと思います。新外国人なのでどちらにしても開幕スタメンには名を連ねるでしょう。

鳥谷選手のショート挑戦は相当アピールしないと難しいと思いますが、結果的に若手の底上げになったら良いですね。

開幕マスクは変わらず梅野選手!

以上、阪神スタメン予想2019・その2はこんな感じで予想しました。

スポンサーリンク

【2019年版】阪神開幕スタメンオーダー予想・その3

1番:糸原健斗(二)
2番:北條史也(遊)
3番:糸井嘉男(右)
4番:新外国人(一)
5番:福留孝介(左)
6番:大山悠輔(三)
7番:中谷将大(中)
8番:梅野隆太郎(捕)

2018シーズン後半に機能した1番糸原選手、2番北條選手のくせ者同士の組み合わせは相手球団から嫌な存在になりそうですね。

ただ、2人とも足で勝負できるタイプじゃないので矢野監督が掲げる超積極的野球に反してるかもしれません。

3番~6番に関してはどんなスタメンパターンでも糸井選手、新外国人、福留選手、大山選手以外考えにくいですね。

中谷選手が復活して7番あたりにいると打線の厚みが変わってきます。

中谷選手と大山選手がスタメンで同時機能したら凄い打線になりそうですね。

あと、ルーキーの近本光司選手が当時ルーキーだった高山選手のように先頭打者で開幕スタメンに選ばれたら面白いかなと思います。

阪神スタメン予想2019・その3はパワフルな打線ですが、足が使えないのでこの組み合わせの可能性は低いかなと思います。

開幕投手と開幕先発ローテ

開幕投手については日本人扱いとなったメッセンジャー投手で間違いないでしょう。

というか代わりがいませんし、本人の開幕投手のこだわりはやはり強いので。

気になる先発ローテですが、オリックスの西勇輝投手のFA移籍前提で見た場合、メッセと西投手で2枠が確定。

残り4枠を

秋山拓巳(2018年:5勝10敗/防御率3.86)
岩貞祐太(2018年:7勝10敗/防御率3.48)
小野泰己(2018年:7勝7敗/防御率4.77)
才木浩人(2018年:6勝10敗/防御率4.61)
藤浪晋太郎(2018年:5勝3敗/防御率5.32)

といった5投手で争いことになるのかなと思われます。

2019シーズンの開幕先発ローテーションはこの6投手と予想。

①メッセンジャー(開幕投手)
②岩貞祐太
③小野泰己
④西勇輝
⑤藤浪晋太郎
⑥才木浩人

侍ジャパンに選出された岩貞投手は当然ローテに入るでしょうし、小野投手、才木投手の期待の若手コンビは開幕ローテから使われることが濃厚でしょう。

ファンの目線としてどうしても藤浪投手の復帰を願ってしまいますね。2018年の完封からきっかけを掴んでいると期待しましょう。ただ、コントロールが崩れることはあるでしょうから過度な期待は禁物ですね。

2017年の秋山投手が良すぎたのか、2年目の出来をみたときに他の若手とさほど変わらない評価基準になってるかなと思われますので第一順の開幕ローテから外れると予想。

言い出せば青柳投手もストレートも早くコントロールも良くなっていますので調子次第ではローテ候補に間違いありません。

矢野監督は望月投手の先発で使ってみたいことをコメントで残されていますので、早い段階で望月投手がローテーションに入ってくるかもしれませんね。

ドラフト4位の即戦力右腕・齋藤友貴哉投手も見ものです。

ただ、2018年のデータからみるとメッセと西投手(FA移籍と過程)以外は計算には入らないのも事実だと思うので5月6月あたりに先発ローテの大変動が起きることも十分に考えられます。

まとめ

そんなわけで阪神スタメン2019を予想してみました。

ほぼ全てのポジションが競争から決まると思いますが、今回予想したスタメンメンバーが基本的な布陣にはなってくるのかなと思います。

ロサリオ選手のような大誤算ほど怖いものはないので、新外国人助っ人は計算にいれずに開幕を迎えてほしいですね、、、

個人的にはルーキーの近本光司選手の台頭でセンターの底上げ、鳥谷選手の復活でショートの底上げに期待しています。

金本前監督の巻いた種を矢野監督がどうのように咲かせてくれるのかが、楽しみですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 阪神2018・年俸予想
  2. 阪神2017戦力分析・投手
  3. 阪神2017・優勝
  4. 阪神2018・弱い理由
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪