【2024年・最新版】阪神スタメン予想!開幕投手・先発ローテ・中継ぎも

阪神スタメン予想2024

阪神スタメン予想2024!

2023年、阪神は18年ぶりにリーグ優勝を果たし、38年ぶりの日本一に輝きました。
2024年は、球団史上初の連覇を目指す期待が高まっています。

注目されるスターティングメンバーについて、岡田監督は「昨年と同じでは勝てない」との見解を示しています。それにも関わらず、今年のメンバーは昨年の終盤とほぼ変わらないと予想されます。怪我がなければ、変更があっても1~2人程度でしょう。

そこで、2024年シーズンの阪神の「開幕スターティングオーダー、開幕ローテーション、中継ぎ・クローザー」を予想してみましょう。

スポンサーリンク

ポジションは両翼以外は決定

岡田監督はキャンプ前にレギュラー野手は近本、大山、中野の3名といってましたが、昨年メンバー固定して日本一になったこともあって怪我人が出ない限り、両翼以外はレギューラーは固定されます。

正捕手の座を巡る争いでは、梅野選手が右肩の肉離れで離脱しているため、坂本選手がスタメンを務める可能性が高いです。
両翼候補としては、森下、ノイジー、ミエセス、前川、野口、井上との競争ですね。

【2024年版】阪神スタメン予想オーダー予想

【2024年・最新版】阪神スタメン予想オーダー予想

冒頭で触れたように、メンバーはほぼ去年と一緒。
競争は両翼のみということで、2023年版、阪神開幕スタメンオーダー予想はこちら。

1番:近本光司(中)

2番:中野拓夢(二)

3番:森下翔太(右)

4番:大山悠輔(一)

5番:佐藤輝明(三)

6番:前川右京・ノイジー(左)

7番:坂本誠志郎(捕)

8番:木浪聖也(遊)

怪我がなければ、開幕スタメンはこの並びになると予想されます。
ライトのポジション争いでは、よっぽど状態が悪くない限り森下選手が濃厚。

レフトについては、ノイジー選手が肘に痛みを抱えているため、キャンプで印象的なパフォーマンスを見せた前川選手が少しリードしている状態です。

森下選手は全試合出場を目指していますが、シーズンを通しての計算はできないので、両翼のポジションは変動しそう。

特に期待されている前川選手ですが、左利きのためレフトフィールドの打球を処理するのが少し遅れる点と、肩の力が弱いため、その守備の不安をどれだけ打撃でカバーできるかが鍵になります。
野口選手はもっと実践を積む必要があり、井上選手はまだ全体的に掴みきれていない印象。

ミエセス選手には守備面での不安と体力の問題がありますが、森下選手とノイジー選手が出場機会を多く得ることになりそうです。

若手の前川選手がレギュラーを獲得すると、阪神の将来がさらに明るくなるでしょう。

捕手の状況では、梅野選手が右肩の肉離れのため、当面は坂本選手がスタメンとして起用れるでしょう。

岡田監督も2024年において、梅野選手と坂本選手の使用を五分五分にするという意向を示していましたが、梅野選手が復帰した場合は、先発投手との相性次第で2人の起用される割合が正式に決まっていきそう。
梅野選手が怪我しやすくなってきているので、万一坂本選手も離脱した場合、3番手の捕手が不透明な阪神にとって大きな問題になるかもしれません。

近本選手、大山選手、中野選手の3人は、怪我がなければ全試合に出場できるでしょう。
さらに、渡米して新しい打撃フォームを学んだ佐藤輝選手が覚醒し、全試合に出場できれば、阪神はさらに強くなるはず。

スポンサーリンク

【2024年版】阪神開幕投手・ローテーション予想

2024年の開幕投手について、当初は村上投手が有力視されていましたが、オープン戦の投手の順番を見ると、青柳投手をはじめとする他の投手が開幕投手としての可能性が高まっています。

岡田監督はメディアを通じて、開幕3連戦よりもその週の火曜日から始まる6連戦に重点を置いているとのこと。

そこで、2024年の開幕ローテーション予想は以下の6人です。

①青柳晃洋(3月29日 東京ドーム・巨人戦)

②伊藤将司(3月30日 東京ドーム・巨人戦)

③才木浩人(3月31日 東京ドーム・巨人戦)

④村上頌樹(4月2日 京セラドーム・DeNA戦)

⑤大竹耕太郎(4月3日 京セラドーム・DeNA戦)

⑥西勇輝(4月4日 京セラドーム・DeNA戦)

※門別 啓人
※西 純矢
※秋山 拓巳
※及川 雅貴
※茨木 秀俊

開幕ローテに関してはこの6投手が濃厚。

2戦目に関しては逆算の流れでいくと、伊藤将or大竹投手が濃厚。
巨人キラーでもある伊藤将が2戦目に起用されるが妥当な考えです。

大竹投手もガングリオン除去しましたが開幕には間に合うとのこと。

すぐにでもローテ入りさせたいのが、高卒2年目の門別投手。
この6投手の最初に故障や状態が悪くなれば、即起用される流れでしょう。

先発に関しては西純矢投手、秋山投手、先発転向した及川投手など、予備軍も豊富なので、この先発6人の誰かが少しでも結果が出ないだけでも、入れ替わりが起こる可能性があります。

門別投手と同じ学年の茨木投手も有望株とされており、2024年シーズン中にマウンドに立つ可能性は十分にありそう。

スポンサーリンク

【2024年版】阪神開幕中継ぎ・抑え予想

2024年のブルペン陣について、岡田監督は選手を入れ替えながら無理な負担をかけない方針を示しています。
そのため、最長でも連続3試合の登板が限界で、勝ちパターンでは5人の投手で回していくと予想されます。

今シーズンは、岩崎優、ゲラ、岩貞祐太、湯浅京己、石井大智、桐敷拓馬、岡留英貴、加治屋蓮、島本浩也、漆原大晟、浜地真澄らを適宜入れ替えながら使用していく見込み。
新人の椎葉剛、石黒佑弥、場合によっては2年目の富田蓮も登板の可能性があります。

開幕で予想される中継ぎ・抑えはこちら。

【中継ぎ・抑え予想(3点差以内でリードしている場合)】

7回・8回:桐敷、岡留
9回:岩崎優(ゲラ)

【中継ぎ・抑え予想(3点差以上でリード、または大量得点で勝っている場合)】

7回・8回:岩貞、岡留、加治屋、漆原
9回:岩崎優(ゲラ)

【中継ぎ・抑え予想(負けている場合)】

7回・8回・9回:漆原、浜地、石井

開幕では、大量得点でリードしている場合も、状態が良い投手を積極的に起用することが考えられます。
ただ、チームの投手層が厚いため、3点差以上のリードとそれ以下の場合で、投手の起用法には若干の違いが出ると予想されます。

どのシナリオでも岡留投手の活躍に期待が寄せられており、今シーズン最も注目される中継ぎの一人となるでしょう。

状態がよくない湯浅投手は開幕に間に合う可能性がありますが、岡留投手の好調と桐敷投手への信頼の厚さを踏まえ、無理な起用は避けるかもしれませんね。
最終的に、岡留、桐敷、湯浅、岩崎、ゲラの5人が勝ちパターンを担う主力となる可能性が高いと言えます。

まとめ

2024年の阪神のスターティングメンバー予想では、

・両翼のポジション争いがキーポイント

・先発投手の6人はほぼ決定している

・中継ぎと抑えの投手陣の状況はまだ明確ではない

という状況です。

メンバーはほぼ固定されていますが、控え選手のレベル向上により、防御重視の野球へのシフトが期待されています。
そうした変化を通じて、球団史上初のペナントレース連覇(アレンパ)を達成してほしいですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 阪神スタメン予想2020
  2. 阪神スタメン予想2023
  3. 阪神ドラフト1位の成功・失敗の選手
  4. 阪神次期監督候補2023
  5. 阪神平成ベストナイン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。