カテゴリー:選手情報

  1. プロ1年目から正捕手として期待された梅野隆太郎選手 安芸の秋季キャンプでは2017年のシーズンに向けて正捕手の座を賭けた争いが激化していますが、現時点で一歩リードしているのは梅野隆太郎選手だと矢野コーチもコメントしていますね。 …

  2. 2015ドラフト5位で阪神に入団した青柳晃洋投手。 2016シーズンはルーキーイヤーだったにもかかわらず先発ローテにも食い込み、新人としては十分な活躍を見せてくれました。 切磋琢磨が続く阪神の若手陣のなかでも、大きな注目株の…

  3. 阪神に入団し、大きな活躍ができなかった選手の中にも、記憶に残る選手というのがいますよね。 辻本賢人さんもその一人です。 2004年、ドラフト8巡目で阪神に指名された辻本さん。当時はまったく無名の選手でした。 というのも、当…

  4. プロ入り11年目のシーズンとなる2016年 主に代打として46試合に出場、打率.154ホームラン3本という成績に終わった 新井良太選手。 後輩選手の台頭に加え、プロ入り当初から言われている守備の甘さと打撃の波の激しさから、…

  5. 2015年、ドラフト2位で阪神に入団した坂本誠志郎選手。 パワフルなバッティングで頭角を現した原口文仁選手に対し、堅実な守備力とリードセンスが評価され、2016シーズン後半は多くの試合でマスクを任されました。 かつての阪神の絶対…

  6. 今回ピックアップするのは横田慎太郎選手です~! プロ3年目の2016シーズン これまで1軍出場がなかった選手がオープン戦の活躍でいきなり開幕戦に2番センターでスタメンになったことはびっくりしました。 結果的に苦しいシー…

  7. 2011年にドラフト5位で入団した松田遼馬投手 いつか阪神のストッパーになるんだろうなと思ってましたが先発に転向? という報道がありましたね。 松田投手といえば最速153キロの体重のかかったストレートが魅力でプロ2年目…

  8. 岩崎優投手が2017シーズンから中継ぎに転向します。 タイプ的には先発向きかなと思いますが、新たな球種のカットボールやフォークにも磨きをかけたということで中継ぎでどういう活躍を見せてくれるのか楽しみですね。 中継ぎの能力的に…

  9. 2016シーズンが終わって10名ほどの選手が戦力外通告を受けてましたが、去就が保留になっているのがゴメス選手です。 同じ野手のヘイグ選手、ペレス選手は既に大胆となって新助っ人外国人次第でゴメス選手の去就が変わってくると思われます。…

  10. 阪神の2016シーズンは「超変革」の年でいろんな若手選手が起用されました。 なかでもルーキーは高山選手を筆頭にほぼ全員が1軍経験を果たしていますが、唯一ルーキーで1軍出場がなかったのが 竹安大知投手です。 シーズンの終…

RETURN TOP

阪神タイガース イヤーブック2017

阪神2017のまとめ

baseball

カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪