阪神2017のセカンド争いは?レギュラー候補をまとめてみた!


阪神2017のセカンドは?

というテーマに迫っていきます~!

阪神の2016シーズンのセカンドといえば、では西岡選手で始まり、大和選手、北條選手、上本選手、荒木選手が守っていたわけですが、全く固定されませんでした。

センターラインなので、先ず守ることは前提になりますが、

守れる選手は打てない

打てる選手は守れない

といった印象があります。

セカンドに限らずレギュラーは福留選手と、糸井選手のみなのでどこのポジションも競争が激化してチームの底上げアップになりますね!

さて、阪神2017シーズンのセカンドのレギュラーを掴むのはどの選手になるんでしょうか?

今回、候補選手をピックアップしてみました。

スポンサーリンク

鳥谷敬

昨シーズンの鳥谷選手といえば、信じられないエラー、打撃面での絶不調などが続いて残念ながらフルイニング出場が途切れたわけですが、
まだまだレギュラーとしてやれる力はあると思います。

ただ、本人はショート一本で勝負することを明かしていますが、北條選手が使われていく方針のようにもみえますので最終的にセカンドでの起用は十分にあるかなと。

現にWBCでセカンドの経験もありますし、ゴールデングラブ賞を4回獲っているだけにセンター間での起用は十分にあり得るでしょう。

鳥谷選手がこのまま控え選手になっていくイメージはまだありませんし、鳥谷選手の奮起は阪神の優勝に必要不可欠かなと。

守備面においても大和選手クラスには及びませんが総合力で見た場合、どうみてもレギュラークラスなのでセカンド候補に入ってもおかしくはないと個人的には思っています

やっぱりスタメンオーダーに鳥谷選手の名前がなかったら何かしっくりこないのもありますからね~

【鳥谷選手の関連記事】
鳥谷敬(阪神)の2017は二塁?エラーは目の影響?嫁や子供も調査
阪神2017のショートは誰?鳥谷敬が引退覚悟?北條と比較してみた 
鳥谷敬はプロテクト漏れ?オリックスに人的補償?キャプテン返上! 

大山悠輔

本職はサードですが、チーム事情によってはセカンドもあり得ます。

大山選手はやはり、守備よりも売りはバッティングなわけですが、キャンプ序盤では苦戦していますが、素質は間違いないだけでに金本監督からすれば早く1軍で使いたいところでしょうね。

今の阪神の面子を考えた場合、プロ1年目からいきなりレギュラーはあまり現実的ではないかもしれませんが、大卒ドラフト1位なので即戦力として期待してしまいます。

キャンベル選手がサードで安定した活躍した場合はセカンド起用があってもいいのかなとは思います。

歴代の阪神のセカンドを見ても、打てる選手はいても長打力を期待できる選手はなかなかいませんので、ヤクルトの山田選手のように長打力のあるセンターラインってやっぱり魅力的ですよね。

【大山選手の関連記事】
大山悠輔(阪神)の兄や家族は?出身中学や高校大学時代の成績も 
阪神・大山は背番号3!韓国?ポジションや実力に評価も調査! 

糸原健斗

ドラフト5位の糸原選手。

同じルーキーの大山選手とはタイプは全く違いますが、セカンドらしい選手とっていいと思います。

社会人時代から守備には定評があったわけですが、バッティングもシャープで高いアベレージを期待できそうな雰囲気ありますよね。

金本監督は”打てる二番”に拘ってはいますが、糸原選手は二番打者らしい選手かなと。

1軍で出場し続けないとわかりませんが、職人タイプのようにも見えます。野手の新人でいうと総合力的には一番評価が高く安定しているのかという感じはしています。

足はさほど早くありませんが、ある程度の守備範囲もありそうですし、センターラインでも問題ないのかなという印象はあります。

開幕スタメン!

あるかもしれませんね。2番打者で!

【糸原選手の関連記事】
糸原健斗(阪神)の彼女は?評価はどう?出身中学と開星高校時代も 

スポンサーリンク

大和

守備のスペシャリストといえばこの大和選手。

守備だけでいうと大和選手の隣に並ぶ選手はいませんよね。

毎年の課題なのがバッティング、、
ここさえ改善できればセカンドじゃなくてもショートでもレギュラーと獲れるはず。

ただ、今シーズンからスイッチを習得されているということで、機能すれば面白いことになりそうかなと。

内野手出身で2014年に外野部門でのゴールデングラブ賞を獲ったのも凄い話ですが、内野手でも十分狙えるわけなのでこのスイッチがハマれば相当な武器となるのは間違いないだけに期待したいですね。

あ、セカンドは広島の菊池選手がいるからゴールデングラブ賞は厳しいかも、、、、

まぁ、大和選手の打撃が改善されたら、誰もが大和選手を推薦することだと思うので近年の悔しさを晴らしてほしいですね!

【大和選手の関連記事】
阪神・大和が両打ち!FA移籍なら守備要員?愛車や嫁についても! 

まとめ

以上、阪神2017シーズンのセカンド候補の選手についてフォーカスしていました。

今回セカンド候補として4選手を紹介しましたが、

他にも外野と内野を併用する中谷選手と板山選手、
そしてこのまま終われない上本選手にシーズン必ず必要になってくる西岡選手など、

かなり分厚い競争にはなってますが、どの選手も頭1つ出ていないのも事実だと思うので最終的に誰がセカンドのポジションを掴んでいるのか注目ですね。

まずは開幕スタメンですが、ショート争いに挑んでいる鳥谷選手のような気もしますし、即戦力の期待がかかる糸原選手も評判的には可能性が高いかなと。

開幕ギリギリまで決定されることはないと思いますが、昨年の1番・高山選手、2番・横田選手といったサプライズがあったように今回も何か金本監督は考えてそうな気はしてます。

全試合とは言いませんが、2017年はある程度固定してほしいなと思うので、そう考えると体の強い鳥谷選手になるのかな?

どうなんでしょうか?

2017シーズンのセカンドにも注目していきたいと思います~!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 福留孝介・浮気
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


阪神タイガース イヤーブック2017

阪神2017のまとめ

baseball

カテゴリー

宜しかったら応援クリックお願いします♪